Loading...

Mar 15, 2018

成田空港で離着陸、着陸の時間を延ばすことができました



東京都内の国際線玄関口の機能を強化するため、成田空港の運行会社は周辺の地方自治体や運輸省と空港の着陸時間の延長計画に合意した。


これは、1978年に開港して以来、空港の入出場時間が延長されることを初めて示したものです.2時間30分の延長のほか、両当事者は空港。


新しい飛行時間は、空港での離着陸回数を現在の30万から50万に増やします。新しい時間枠には、遅い午前5時から遅くとも午前12時30分までのフライトが表示されます。


今回の合意は、千葉県の会合、千葉県の代表、成田、国土交通省、成田国際空港など9つの市町村代表による会議で合意した。


新計画を実施することにより、飛行機の数を増やし、航路を拡大し、空港の競争力を向上させることに目を向ける。同省は、同国の他の国際玄関口である羽田空港を中心に、東京都心を飛行することを目指している。


政府は、観光産業を主要な成長戦略と位置づけ、東京がオリンピックとパラリンピックを開催する2020年までに年間4000万人の海外訪問者を誘致することを目指している。 2030年までの目標は6000万人です。



しかし、成田空港周辺の住民は、騒音などの理由で飛行時間の延長に反対し続けています。


原則として、内陸に位置する成田空港は、午前6時から午後11時の間のフライトのみが可能です。


「滑走路の間に挟まれた地域の居住者は、(新しいスケジュールの下では4時間30分の静かな時間しか持たない)と述べた。


地元住民の懸念を緩和するため、滑走路ごとに飛行時間のない7時間を確保するために、滑走路には午前5時から午後10時、午前7時30分から午前12時30分の2つの別々のスケジュールを導入する予定です。


新計画では、4,000メートルの滑走路の飛行時間が1時間延長される。 2500メートルの滑走路の長さは2020年までに1,000メートル延長され、3,500メートルの第3滑走路は2020年に建設される。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com