Loading...

Jan 29, 2018

日本は需要の増加に伴ってより多くの診療所で出生前検査を行う

医学界によると、日本では、より多くの女性が、より多くの女性が後に妊娠している国の需要が高まる中で、ダウン症候群などの染色体異常を検出する血液ベースの出生前スクリーニングを実施できるようになっている。


2013年に導入され、現在日本の89の医療機関で実施された新しいタイプの検査では、胎児の異常を診断された女性の90%以上が中絶を選択しているため、生命倫理に関する論争が起こっています。


日本は需要の増加に伴ってより多くの診療所で出生前検査を行う photo


日本産婦人科学会が定めたガイドラインは、3つの染色体異常のスクリーニングをカウンセリングサービスで指定施設に限定しているが、需要が増えたために認定されていない医療施設が試験を開始している。


また、35歳以上の妊婦や妊娠前の胎児の染色体異常の既往歴のある人には、試験を受けることができる人が限られていますが、認定されていない施設では年齢制限を設定せずに試験を受けており、男の子か女の子 - ガイドライン違反の練習。


認定されていない診療所では、適切なカウンセリングサービスを提供する公認医療機関の不足がそのような行為のせいにされているため、社会は公式の検査範囲の範囲を拡大する予定である。


医学会はまた、出生前検査を一般診療の一部とし、3月の取締役会で検査を受けるための要件を緩和することについて議論する予定であるとの情報筋によると、


出生前診断の導入以来、スクリーニングを実施している認定施設の数は15人から増加しており、2017年3月現在でおよそ45,000人が試験に合格している。


出生前スクリーニングは、10週後の妊娠初期の母親の血液を採取し、その中に含まれる胎児DNAの断片を分析して、ダウン症21、トリソミー18または13と呼ばれるトリソミー21があるかどうかを診断することによって行われる。


後者の2つの障害は、先天性欠損と、これらの症候群で生まれたほとんどの赤ちゃんとの組み合わせを含み、1歳までに死亡する。


場合によっては、血液検査により異常と診断された胎児は、流産のリスクが小さいフォローアップ羊水検査によって確認されない。調査では、少数の女性が予備陽性検査の後であるが確認の前に妊娠を終了したことが分かった。


胎児が検査によって染色体異常と診断されたときに大部分の女性が流産を選択したため、スクリーニングは親が容易にアクセスできることと、優生栄養学の概念を促進することができないという批判があった。


テストの導入後に実施された1つの研究は、出産と子どもの染色体異常を引き起こすことへの自信の欠如と、将来の計画についての不安により、女性が中絶を選択したことを示しました。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com