Loading...

Mar 31, 2018

東京ミッドタウン・ヒビヤが資本文化圏にオープン

東京の主要ショッピング・エンターテインメント複合施設である東京ミッドタウン・日比谷は、木曜日に首都圏の文化地区で開業し、日本の主要ビジネス、ファッション、政治を結びつけました。


三井不動産(株)が開発した地下4階35階建ての高層複合施設は、約18万9000平方メートルの店舗面積を有し、約60店舗がオープンしています。



店舗は地下1階から7階に位置し、企業のオフィスは9階から34階に位置しています。この複合施設には、13の画面と2,800席の映画館もあります。


"Base Q"という6番目のレベルは、主要な会議ホール、ラウンジ、様々な業界の人々のためのビジネスのハブとして動作するカフェがあります。会議室の最大収容人数は450人です。


日比谷地区は、その芸術的、文化的背景で知られ、日本の近代化の象徴でもあります。


東京の西洋化を象徴するホールであるロクメイカンは、1883年に建てられ、1940年に撤退される前に、明治時代(1868-1912)の外国の高官のためのエンターテイメント会場として、様々な祭りや祝賀行事が行われた。


東京ミッドタウン「日比谷」の建築は、歴史博物館で踊るカップルのイメージから生まれた「ダンスタワー」のコンセプトのもとにデザインされた曲線的な外観のロケメカンに触発されました。


皇居、日比谷公園、インペリアルホテルも超高層ビルの近くにあります。また、銀座の商店街、行政区が集まる霞ヶ関地区、丸の内の商業地区も徒歩圏内です。




@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿