Loading...

Mar 22, 2018

映画は1995年の東京地下鉄サリン攻撃の記憶を若者に渡すことを目指す



日本史上最も凶悪な犯罪が起きた時、まだ生まれていない。 1995年3月20日、東京の地下鉄システムに対するサリンガスの攻撃が、安全を誇りに思って深遠な魂の探索に踏み込んだ国を送ったため、彼らは日本を脅かす危機、混乱、損失について何も知らなかった。


AUM神楽京の終末礼拝で監督された残虐行為の経験はなく、13人が死亡し6,000人以上も残ったという。日本の大学生3人が死亡した被害者の一人の妻である高橋志枝についてのドキュメンタリーを制作した攻撃の中で。


サリン・ガス被害者の家族の中で最も顕著な顔の1つである高橋(71)は、AUM関連の問題に関するメディアの行き先です。 23年間、彼女は犠牲者や家族に対する正義と支援のための戦いにおいて最前線にいました。彼女について多くのことが言われ、報告されました。


しかし、18分の映画は、そのような重い話題に取り組んでいるドキュメンタリーに頻繁に付随する冷たい音色を持っていません。また、カルトの危険性やこの種の事件の再発を防ぐ努力にも触れません。


代わりに、栗原みゆ(21)、津田真由子さん(20)、隈島さくらさん(20)は、高橋さんを普通の主婦と母親にして、東京の北千住地区で撮影し、彼女の死亡した夫カズマについての彼女の考え。


ドキュメンタリーの「Kyo Mo Anata to Isshoni」は、高橋が無神経とうなぎを食べる光景を描き、48歳の普通の女性としての生活を送っている女性を紹介します。古い主婦は攻撃によって永遠に変わった。


「私たちの目標は友人に見せて周りに広げることでした」と栗原は言います。


(救急隊員は、築地の地下鉄駅の外で混乱が続いているため、ガス襲撃の被害者を殺す傾向がある)


彼女のパブリックペルソナとは違って、犠牲者の支援グループの代表者とは違って、笑って、笑って、リラックスした映像。攻撃時の夫50歳の夫は、霞ヶ関駅の副所長だった。彼はサリンを含むビニール袋の1つを拾って死んだ。


昨年の栗原との犠牲者や支持者の年次総会に出席した津田氏は、当初、高橋氏がグループの代表としてどのように脅かされたかを思い出している。しかし、それは固定観念だった。私は彼女と話をしなければならなかったが、彼女は他の祖母のようだった "と彼女は言う。


二人は、高橋の誰か、暖かい側を知らなかったのは残念だと思った。サリンや外傷後ストレス障害の後遺症に悩まされている人々のような問題に移り、ペアはムコジマに映画プロジェクトに参加するように頼んだ。


三人は、上智大学のジャーナリズム学教授である水嶋宏明氏のセミナーで、サリンの攻撃について調べました。ドキュメンタリーは昨年完成し、地元の映画祭で賞を受賞しました。それはYouTubeで見ることができます。


「(AUMの場合)自分自身を懸念するものと考えるべきだと思ったが、そうすればするほど、起こったことを吸収することができる」と栗原氏。


23周年前の週末に開催された今年の集会では、出席者のためのディスカッション・グループが導入されました。


この事件を調査した東京警察の原祐一氏は、カルトを離れることができなかった若いAUMフォロワーの苦悩を思い起こし、高橋氏は事件の闘いの概要を述べた。


「それから生まれていない人、まさに赤ちゃんだった人にそれについて知りたがっているのは間違いない」と彼女は強調する。


(自衛隊員はサリンに感染した地下鉄車の除染を実施する。日本グラウンド自衛隊の写真提供)


攻撃の記憶と学んだ教訓を次世代に伝えるため、彼女はドキュメンタリーに登場することに同意した。


3人の学生は、今年のイベントで若い参加者の中にいました。議論の中で、彼らはそのような相互作用は世代を通じて継続しなければならないと強調した。


ディスカッション・グループの1つを助けてくれた津田氏は、彼女の教科書が盛り上がっている間に、映画に参加して水島のセミナーや集会に出席してから、その話題が家に近づくまではなかったと話す。


津田氏は先週、東京拘置所から死刑囚のうち7人が東京収容所から他の施設に移送されたことなど、AUM関連の報道に注目した。


津田さんは彼女のように、もっと若い人たちがこの事件に少しでも関心を寄せてくれることを願っています。


初めて集会に出席したムコジマについては、AUM創設者の朝原祥子や他の宗教団体の逮捕の裏口を明らかにした原氏の話が有益だった。


「私たちは生まれていない世代で​​すから、これについてもっと知る必要があると感じました」と彼女は言いました。彼女の世代に無関心ではないと主張しました。


彼女は、AUM事件についてより多くのことを学ぶことで、誰もが被害者になる可能性があることを認識しました。 「私たちが日常的に受け入れるようになったのは、予期せずに消えるだろう」


(AUM信楽礼拝のサリン攻撃の23周年に地下鉄霞が関駅で静寂の瞬間が見られる)


AUMはAlephの名前を変更しました。ヒカリノワと呼ばれる派閥グループがあり、アレフの別の離散グループは、本名が松本智三である浅原に捧げられたと言います。パキスタンの治安情勢庁によると、3グループには約1,650人の信者がいるという。


ムコジマは、その数字に心配し、なぜ彼らがこのグループに引き寄せられたのかについて若者から聞きたいと言います。


三重県は高橋についての続編を計画していないが、栗原氏はマインドコントロールや、イスラム国家のようなテロリスト団体に照らしてどのようにAUMを見ることができるかについて調べている。


「普遍的なテーマで(AUM問題に)アプローチすることで、より多くの人々に関心が高まる可能性がある」と彼女は語る。結果として、これはこの事件を決して忘れないように(望むために)導くことができます。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com