Loading...

Nov 6, 2017

PHOTO ESSAY:黒門市場における大阪の商人史の本格的な味。

      


          大阪と魚市場が同じ呼吸であり、多くの最初の考えは、有名なマグロのオークションに多くの有名な4時15分に向かって歩き回り、早朝は野田市の中央魚市場で賑やかになりそうです。


しかし日本橋の黒門市場は、もう少し余裕のある代替品を提供しています。明治時代の歴史を踏まえて、クロモンは、近所のデン・デン・タウンとドンボリの訪問の間に旅行者や観光客にとって人気のあるピットストップとして機能するだけでなく、地元の日常業務の定期的なセグメントでもあります;その多くは市場全体の生活を頻繁にしてきました。

フィッシュモンガー、レストラン、ブティック、お土産屋、スーパーマーケット、コーヒーショップ、コインランドリーの組み合わせが並んでいます。市場の店舗、ベンダー、レストランの多くは、長年にわたって開催されてきた地元の地位を表しています。


ベンダー間で日常的に行われる快適で親しみやすい冗談と、伝統的な食品の準備、そして今日利用されている店頭プレゼンテーションの習慣が、何十年にもわたって同じように、 1世紀以上にわたる場合もある。


このような実践の機会と、日本とオサカン料理を最高のものにしてくれる機会が増え、黒門市場の来場者は、忘れられない大阪商人の歴史を味わうことができます。


営業時間:


一般営業時間は10:00〜18:00ですが、一部の施設(特にレストラン)は営業時間を延長します。


アクセス:


市場のメインエントランスは、日本橋千日町/酒井寺/近鉄駅の出口10番にあります。


南海難波駅までは徒歩わずか7分です。












By AngelicaSutton
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿