Loading...

Sep 20, 2017

日本の歌手安室奈美恵が来年9月にショーをやめる

日本の歌手安室奈美恵は、アジアでファンを強くしているが、来年9月にショーを辞めると発表した。


「私は、2018年9月16日に退職するという私の決定を、私のファンの皆さんに知らせるために、この機会を利用したいと思います」と、40歳のメガヒットの歌手、「CAN YOU CELEBRATE? 彼女のウェブサイトに言った


日本の歌手安室奈美恵が来年9月にショーをやめる photo

(提供画像)



土曜日に音楽活動25周年を迎え、週末には沖縄本島で記念演奏会を行い、1990年代にファッション現象を起こしたアムロの驚きの発表があった。


「私は永遠に感謝しています。あなたの支持がなければ25年間は過ごせませんでした」と彼女は書いて、今年は「私とファンが一緒に素晴らしい思い出でいっぱいになる」と誓った。


「私は最終アルバムの制作とコンサートでの演奏に全面的に注力することで、私の音楽キャリアの去年を意味のあるものにする予定です」と彼女は付け加えました。


アムロは1992年にスーパーモンキーのグループの一員として彼女のプロデビューを果たし、その後1995年にソロシンガーになった。


シンガーやダンサーとしての彼女のパフォーマンスは、日本やアジアの他の地域のファンを魅了し、最終的には「Chase the Chance」、「Body Feels Exit」、「Don Feeling Exit」、 「泣きたい」、「スウィート19ブルース」。


1990年代のヒット曲の一部は、ポップ音楽プロデューサー小室哲也と並行して制作されたものもある。彼女のファーストアルバム「Sweet 19 Blues」は300万枚を売り上げて大ヒット。


彼女はまた、著名な日本レコード賞など2年連続で音楽賞を受賞し、歌手としていくつかの目標を掲げ、韓国や台湾など海外で披露した。


安積は、2000年に沖縄で開催されたサミットで、8カ国の首脳のための歓迎レセプションで「Never End」を歌った。


ミニスカート、厚手のブーツ、茶色の髪の毛のような服装で、アムロはファッションのアイコンになり、多くの若い女の子や女性がファッション、ヘアスタイル、メイクをコピーしながら "アムラア"と呼ばれる現象を作り出しました。


彼女の人気は、オール・ガールのポップ・グループ・スピードを含む、沖縄の故郷の他のアーティストの成功の道を切り開いた。


彼女は1997年、日本のポップグループのTRFからサムとして知られている丸山雅治のキャリアのピーク時に結婚した。彼女は来年に彼女のカムバックをし、NHKの年末の音楽ショーで演奏しました。


息子を持つ夫婦は2002年に離婚した。


日本の歌手安室奈美恵が来年9月にショーをやめる photo

(提供画像)



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com