Loading...

Dec 9, 2017

日本の王冠王女は、皇太后妃の継承として努力している



長らく不況に苦しんできた皇太子妃は、2019年5月に日本の皇后になるため、土曜日の54歳の誕生日に誓った。


皇太子は、明日の閣議決定を2019年4月30日に明け渡した秋田皇帝が菊の王位を放棄すると述べ、準備が整った声明で「未来を考えると、畏敬の念を感じる。


翌日、皇太子鳴門が皇太子になり、皇太子妃が日本の皇后になる。


「天皇陛下と皇后両陛下のご冥福をお祈りして、私は皇太子鳴仁先生を支えながら、私の任務を果たすための努力を強化するつもりです。



ハーバード大学とオックスフォード大学で教育を受けた元外交官は依然としてストレス関連疾患に苦しんでいるが、近年頻繁に公開されることで回復の兆しを見せている。


宮古庁によると、皇太子妃は64件の公務と皇室儀式に参加し、去年に居住する必要があった。


今年、王冠の王女は、年2回の皇室ガーデンパーティーに参加し、地方都市に6回旅行しました。


クラウンの王女は、「私ができることは徐々に増えていることに感謝し、喜んでいる」と語った。


2004年、宮殿庁は、王冠の王女が調整障害と診断されたと言った。


彼女の医療チームによると、王冠の王女は回復の道にありますが、彼女の状態はまだ浮き沈みしています。過度の期待がクラウンの王女を圧迫する可能性があることを銘記すると、チームは、世間の注目を浴びる可能性が高いため、国民の理解と支援を求めました。


1989年に王位に昇格した明仁天皇(83)は、生存者を慰めるために災害地域に旅行した83歳。彼らはまた、戦争中に命を落とした人々に敬意を表する努力の一環として、戦前の第二次世界大戦の戦場を訪れました。日本は父親の弘仁皇帝の名前で戦ったのです。


皇太子夫妻は、「私は心からの敬意と過去の行為に対する感謝をしたい」と皇太子妃は言った。


彼女はまた、皇室夫婦の「暖かい支援」と、何年も彼らから学ぶ機会に「深く感謝している」と述べた。


昨年7月の九州南西部の本島での洪水など、自然災害の影響を受けた人々や、東北地方の2011年3月の巨大地震と津波による苦難に耐え忍ぶ人々に共感した日本。


彼女の唯一の児童王子愛子は、16歳の彼女は友達と高校を楽しんでいるようだと語った。 「感謝し気遣う心を持つことの重要性を念頭に置いて、さまざまな経験をしてさらに成長してほしい」


王冠の王女は、皇太子からの結婚提案を受け入れた後、1993年に皇室に入る外交官としてのキャリアを諦めた。彼女は2001年に愛子妃を誕生させたが、日本の現行法は皇室の男性系統に生まれた男性だけが王位に昇格できると規定しているため、男性相続人を産むという圧力を受け続けた。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com