Loading...

Jan 16, 2018

視覚障害者が日本のアート会話を歓迎

日本の盲目や視覚障害者が芸術を鑑賞する機会が増えているのは、音声記述、触覚的手法、単純な人間対話の利用が増えているからです。


人が身体障害者であろうとなかろうと、全米の博物館の客員とスタッフの間の会話は、美術愛好家が展示作品に関する多数の意見をより深く理解する助けになります。



昨年9月、東南アジアの美術展が開催されていた東京の六本木地区にある国立美術館に、視覚障害や聴覚障害を含む約20人が集まりました。


完全な視界のある参加者は、爆撃の描写を含むにもかかわらず、「牧歌的な印象」を作り出した絵を描いた。盲目のグループの指導者は、「どの部分があなたにこのように感じさせるの?」と尋ねました。


「それは死体や動物の家です」と、その人は答えました。画家は、 "おそらく平静の気持ちが混じった戦争の日常を表現している"と述べている。


30代の男性は、目を閉じて会話を聞いて、「私は他人の言葉でイメージを得ることができ、私の視力に頼らずに芸術を楽しむことができた」と語った。


「他の人の意見を聞いて感謝を深めることができた」と彼女の20代女性は付け加えた。


このイベントは、日本の美術館と協力して、2012年以来100以上の類似のプログラムを開催している非営利団体によって企画されました。


NPO法人の林賢太(林健太)は、「視覚障害者が対話を通じて他人の感情を知る機会を提供したい」と述べた。


しかし、視覚障害のある方や視力の弱い方は、美術館スタッフの説明だけに依存するのではなく、自分自身で作品を解釈することも重要です。


また、六本木にある森美術館では、盲人の芸術を助けるために、約40のイベントを開催し、2003年から約500名の参加者を集めました.2016年には、視覚障害の有無に関わらず、


イベントが開催されると、スタッフは近くの鉄道駅の参加者と会い、障害の程度を確認して適切なプログラムをカスタマイズします。


参加者は、3つまたは4つの芸術について考え、印象を交換します。スタッフは、参加者が会話を楽しみながら理解を深めることができるように、詳細を説明します。


アーティストは昨年10月中旬にプログラムに参加し、作成した作品の説明を共有しました。


先天性失明の女性参加者は、「私は盲目的に生まれたので芸術とは関係がないが、触れることで関連性と楽しさがある」と語った。


森美術館のスタッフである高島澄香氏は、「私たちはアーティストと協力して、多くの人々が日常生活の中でアートを楽しむためのプログラムを提供する」と語った。


日本以外では、視覚障害のある人々がアートにアクセスできるようにする革新的な方法がいくつかあります。


芸術、特に有名な作品の3D印刷は、盲目の人々と視力の弱い人に触れて象徴的な作品を体験させることができます。他の方法としては、視覚芸術への点字の組み込み、余分なテクスチャ付きの絵画、視覚障害者のためにカスタマイズされた触覚芸術や触手鑑賞などがあります。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com