Loading...

Oct 31, 2017

東京近郊のマンションに見つかった解体物9個


【東京23日共同】東京都内のマンションには、東京都内の23歳の女性が消滅した疑いで警察に捜索された男性9人が発見された。


逮捕されたのは27歳の白石隆宏氏が同日に身体処理疑惑で逮捕されたこと。警察は、神奈川県座間市のアパートで見つかった遺体には、自殺感情の人々のためのインターネットサイトで白石と知り合いになったかもしれない女性の遺体が含まれている疑いが持たれている。


アパートは、米国陸軍キャンプザマの近くに位置しています。



白石容疑者は、首都圏の警察署によると、最初に会った後すぐに殺されたという。冷蔵庫や工具箱の中にある身体部分は、明らかに女性8人と男性1人であった。


警察は後で殺人罪を提起する見込みだ。


身体を解体するために使われたと思われる鋸が、彼のアパートにも見つかった。白石容疑者は警察に、バスに身体を切り取って、身体の一部をゴミに処分すると言いました。


警視庁は、今月初めからJR八王子駅の近くで、10月23日に小田急線の小武前駅近くの八王子の家に行方不明になっている女性と、白石が歩いていることを明らかにした。


9月20日、女性のTwitterアカウントに「自分と一緒に死ぬ人を探している」というメッセージが投稿された。メッセージは、彼女が「死にたいが、一人で死ぬのが怖い」と言った。


弟は10月21日から行方不明になっていると警察に連絡した。後で彼女のTwitterアカウントのパスワードを使って、彼女は白石とメッセージを交換していたことが明らかになった。


白石氏の隣人は、アパートで9体が発見されたというニュースで、ショックと不信感を表明した。ある隣人は容疑者を「陽気で親切で礼儀正しい男」と表現したが、これは信じられない。


白石と同じ建物内に住んでいる住人の中には、8月頃から彼の部屋から悪臭が出ていることに気づいたという人もいます。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com