Loading...

Apr 21, 2018

西南日本の火山噴火:気象庁

気象庁は、南西部の火山が250年ぶりに噴火したことを明らかにした。


富士山の噴火Io、山のひとつ。宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島群の火山群は、グループのもう一つの火山であるShimmoeは、3月6日に約7年間で激しく噴火した。


富士山気象庁は、午後3時40分ごろ、噴火し、火山の噴出口から約300メートルのところに噴出した火山灰が噴出したと発表した。


西南日本の火山噴火:気象庁 photo

[気象庁ウェブサイトのスクリーンショット]


同庁の宮崎局によると、宮崎県えびの市のイオは1768年以来初めて噴火した。


同省は、警戒レベルを2から3に5段階上げることで、山とその周辺へのアクセスを制限した。これは、2016年に施行されて以来の最高水準である。


宮崎市の恵比野市では、噴火口から約2キロメートル以内の地域では大規模な飛行岩や火砕流の危険性が警告された。


同庁は、山岳地帯での火山性微動の増加が確認された。 2月下旬に警報レベルを2から1に上げ、クレーターへの接近を警告した。


富士山Shimmoe、別の強力な噴火が4月5日に観測され、灰は約5,000mまで噴出した。


同庁は、3月に1,421メートルの高さの火山が数ヶ月以上爆発的な噴火を続けると予想されていた。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com