Loading...

Nov 13, 2017

AUMカルトの後継者グループが違法募集の慣行を襲った



東京都渋谷区の地下鉄サリンナビガス(東京都渋谷区)にあるサリン麻薬ガス捜査本部(AUM Shinrikyo)に、5人の事務所と施設を捜索した。


2月にアレフ(Aleph)として知られていたグループが、法的に要求される書類を記入することなく、女性から数万円の会員費を集めて徴収したとされた後、警察の調査が行われた。


北海道警察は、アレフが使用すると分かっていた札幌市白石区の4階建ての建物を襲撃した。建物は同グループの最大規模の施設と考えられています。


1995年3月20日のサリン神経ガス攻撃で、AUM新神社のカルトが13人が死亡し、6000人以上が負傷した。それは2000年にAlephに改名された。


警察は、Alephが若い信者を宗教団体であることを明らかにせずに、AUM Shinrikyo組織とその犯罪歴へのリンクを知らせずに誘惑していると信じている。


警察によると、昨年全国に約1,500人のアレフの信者がいた。


AUM信楽代の元々の犯罪行為を知らない若者の中で、アレフの信者が増えています。警察によると、Alephは、潜在的な信者を参加させる手段として、ヨガのクラスをいくつか設定しています。



©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com