Loading...

Oct 10, 2017

裁判所は政府に命令し、Tepcoは500万ドルを支払う。福島危機以上の円



福島県の裁判所は、津波被災後の災害に対し、福島県原子力発電所の運転士と運営者に損害賠償を命じ、全国に提起された一連の訴訟で第2位の判決を下した。


福島地方裁判所は、政府と東京電力ホールディングスに、3,800人の原告の約2,900人に5億円(440万ドル)を支払うよう命じた。その多くは避難していなかったが、福島やその他の地域の自宅で避難した世界の最悪の核危機の1つです。


判決で金沢秀喜裁判長は、地震による巨大津波に対抗するために政府とテポコが2002年に発表された地震査定に基づいてリスクを予測することができないと非難したと結論付けた。


「政府が規制当局の権限を行使して(安全対策を講ずるように指示する)、非常に不合理だった」と裁判官は述べた。


核規制当局は、判決に上訴するかどうかについて他の政府機関と協議すると述べた。 Tepcoは声明で、「(裁定の)内容を検討し、対応を検討する」と述べた。


全国で1万人以上の訴訟が提起された中で、これまでに3件の判決が下されており、2件(福島裁判所による最新の判決と3月の前橋地裁の判決) Tepcoは損害賠償の責任を負います。


千葉地方裁判所のみが国家に対する訴えを却下した。千葉・前橋事件の原告は、避難命令を受けた者や自らの裁量で家を出た者を含む避難者であった。


福島裁判所の判決では、政府とテポコは、2002年の地震査定に基づき、15.7メートルの高さの津波が発生する可能性があると予測した。


政府の地震調査推進部が作成した評価では、福島県を含む30年以内に太平洋の日本海溝に発生するマグニチュード8の津波誘発地震が20%発生する可能性があると予測された。


裁判所は、原子力発電所の安全の主な責務は、オペレーターと二次的な責任を国が負っていることに留意した。


支払いを受ける原告は、茨城県の避難区域内外に住む福島住民と原告である。


原告らは、住宅の放射線レベルが危機以前のレベルに戻るまで月額5万円の賠償を求めて訴訟を起こした。


また、放射能レベルが事故前の水準に回復するか、あるいは1時間当たり0.04マイクロシーベルト未満に回復することを求めたが、裁判所はその要求を拒否した。


裁判中、政府とテポコは、問題の地震査定は、確立された知識ではなく、津波は予見できなかったと主張した。政府はまた、災害後の立法変更の後、Tepcoに洪水防止対策を強制する権限を取得しただけだと主張した。


2011年3月11日にマグニチュード9.0の地震と津波が東北日本を襲ったため、原子力発電所では複数のメルトダウンや水素爆発が発生しました。 8月末現在、福島県内外で約55,000人が避難している。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿