Loading...

Oct 20, 2017

日本のダッシュカメラ需要の高まりを警戒しているドライバ



日本では車載用ビデオレコーダの需要が急速に拡大しており、運転者が事故の際に法的保護を追求しており、普及率は頻繁に報道されている。


東京都江東区の自動車部品・付属品の大手小売業者が、ダッシュカメラを販売し、設置する特別なセクションを設けている。小売業者の担当者は、「約25,000円(225ドル)の商品がうまく売れている」と述べた。


事故の際に証拠を守るために車のフロントウィンドウとリアウィンドウの両方にレコーダーを設置する人が増えているという。駐車中に車両のショックに反応して自動的に作動するモデルもまた需要が高まっている。


ドライバーは、クリア画像とワイドアングル画像を搭載したレコーダーに魅了されています。


交通事故で証拠収集にダッシュカメラの有効性を認識しているのはドライバーだけではありません。東京警視庁は9月、314台の警察用二輪車の記録計を導入し、2019年3月までに約900台に拡大する計画だ。


国内メーカーのレコーダーの出荷台数は、2016年度には前年比40%増の140万台と推定されています。業界関係者は、2012年以降に人気を集めるようになりました。


JVCケンウッドは今月初めに2機種の新型車を発売した。 DRV-N530とDRV-R530は、前後の映像を同時に録画することが可能で、小売価格はそれぞれ24,000円と29,000円である。


カーナビシステムと組み合わせることで、新モデルは位置データを記録することができ、リアイメージはナビゲーションシステムの画面上に表示されます。


JVCケンウッドは、運転支援機能と高画質画像を搭載した車載カメラに対する需要が高まっていることから、DRV-N530とDRV-R530を開発したと同社関係者は述べています。


東京海上日動火災保険株式会社は4月、保険契約者にダッシュカムを貸し出すための自動車保険のライダーを紹介しました。パイオニア株式会社で開発した装置は、事故の際に東京海上運航会社に自動的に接続され、運転手に必要なアドバイスを行い、関係当局に連絡します。


東京海上ではライダーの恩恵を段階的に増やす予定です。たとえば、10月より、気を散らしてしまったドライバーが先行車に近すぎると警告を発する。


損保ジャパン日本通子保険株式会社も、ソーゴセキュリティサービス(ALSOK)との提携により、1月から同様のサービスを提供する予定です。保険契約者の車両に取り付けられたダッシュカメラが一定レベルの外部ショックを検出すると、その情報は保険会社のデータセンターに送信され、ALSOKスタッフが事故現場に迅速に派遣されます。


損保ジャパンニッポンコアの運転支援機能に加えて、損害保険会社のインターネットサイトでの運転の見直しを可能にすることで、保険契約者の運転能力を診断するサービスもあります。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿