Loading...

Mar 22, 2018

写真:岡本太郎の太陽の塔の中、1970年の博覧会のシンボル

岡本太郎氏の主な作品である太陽の塔の改装されたインテリアは、1970年の日本世界博覧会以来初めて大阪公園で公開され、有名なシンボルとなった。



ホーンのような腕と太陽の三つの顔を持つ70メートルの白い塔は、大阪府吹田市のテーマパークの一部として建設されましたが、イベントが終了して以来、原則として限界を守っていました。都道府県は2016年に塔の内装を改装した。


万博記念公園の玄関正面に朝から入場予約をした長きの人が結成され、主催者は10分前に戸口を開く必要がありました。



来場者は、地下にある11メートルのタワーの4番目の太陽の投影マッピングを楽しんだ。太陽の丸い顔がショーの間に異なる色で現れる。博覧会が終わってからディスプレイがなくなって再建されました。



「写真で見たことがありますが、自分で見たときとはまったく違っていました。素晴らしいことでした」と、京都府のインテリアを見ていた高平愛さん(40)。


人間の進化を描いた塔の中の岡本の作品の41メートルの「木の生命」は、元のディスプレイに見られる292個の生き物のうち183個のモデルで飾られています。



ゴリラのモデルは元の状態に保たれており、その損傷した頭部は老化のために内部の補強された鉄骨を明らかにしている。



都道府県によると、訪問者が塔の上に上がることを可能にする展示中にエスカレーターが利用可能であったが、階段に変更されたため、詳細を観察するのに時間がかかるという。



タワーには、30分ごとに80人、1日に最大1,120人が受け入れられます。公園には、大人のための入園料250円に加えて、塔の入場料は700円(6.6ドル)で、今後4ヶ月間の予約が満たされているという。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com