Loading...

Nov 27, 2017

日本は医学部に義援団体の医師を養成するよう奨励する



医学部は医師や歯科医の練習のための外科的訓練を導入し、医療過誤を減らすために募金団体を利用するよう奨励することが明らかになった。


同省は、2018年度の国家予算に5億円(450万ドル)を拠出し、今年度予算の10倍以上の予算を大学に補助するよう要請した。


近年、患者の負担を軽減するために内視鏡手術がますます選択されるようになってきていますが、より高度な外科的技能が求められ、日本では致命的な過誤事件が発生しています。


身体を使ったトレーニングは医師のスキルを向上させる良い方法だが、出典によると、15の大学だけが州補助金を申請してプログラムを導入しているという。


いくつかの大学は、手術台やその他の機器を購入するための初期費用が高いため、プログラムを開始したくない大学もあれば、そのような訓練を受けるために海外に行った医師もいるという。


死後、医療目的で身体を寄付することを奨励する団体によると、寄付を登録している人の数は着実に増加しており、2016年には9万人に達している。


解剖学実習のために医学部に寄贈された身体を使用することを法律で許可されているが、2012年に日本外科学会と日本人アナトミスト協会がガイドラインを発表した後、医師の訓練を可能にした。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿