Loading...

Apr 18, 2018

ネスレジャパン、寿司キットキャットを空港のチョコレートの開店に持ち帰りました

ネスレジャパン株式会社は、水曜日に大阪国際空港(伊丹)での最新のKitKat Chocolatoryの開幕を記念して、SNSヒット "Sushi KitKat"を再び提供します。


2016年の4月の愚か者の日にSNSの発表後にネスレが最初に出した寿司スタイルのKitKatは、キャンペーン期間中は1日30人に制限され、合計570人の顧客になります。これは、ネスレが関西地域でチョコレートの寿司を作ったのは初めてのことです。


寿司キッチンには、伝統的な寿司米(シャリ、しゃり)をトッピング成分(ネタ/ネタ)を入れたお米のパフに置き換えて、3種類あります。


...マグロ/マグロ(ラズベリーKitKat)、...


...卵/タマゴ(バナナ)、...


...とウニ/ユニ(北海道メロン、マスカルポーネチーズ)。


伝統的な寿司を保護するために使用されていた伝統的な竹の皮で覆われた、チョコレートからの寿司を取り除くことができます。


新しいチョコレートの顧客は、水曜日にキックオフして5月6日まで実行されるキャンペーンからプレゼントを授与するために3000円以上を費やさなくてはならない。彼らはKitKatからインスピレーションを受けた17種類のアイテムを利用して、特別な大阪のテーマを含むもの、カフェを含む伊丹支店での販売が限定されているものなどがあります。




KitKat Chocolatoryの開業は、2017年7月に関西空港が伊丹と関西国際空港(KIX)の両方の運営者が施設の中央と屋上に運営する改装工事の一環として行われます。前者は水曜日の開幕前に設定され、空港の大規模な再開は2020年に予定されている。


「ル・パティシエ・タカギ」オーナーやシェフ、高木泰正の指揮の下で作られた製品を使って、人気のキットカット製菓の「プレミアム」レンジを提供する、ネスレのキットキャット・ショコラトリー(「ブティック」とも呼ばれる)。




あなたも好きかも …


最初の展覧会:ネスレは、世界初のピンク色のルビーチョコレートKitKatを発表



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿