Loading...

Jan 8, 2018

日本で草の根の社会変化を遂げる女性を表彰する新しい賞

日本で草の根の社会変化を遂げる女性を表彰する新しい賞 photo


公共の目から社会の変化に取り組む日本の女性は、しばしば認識されなくなるが、新しい賞は、地域社会の草の根の改革に影響を与える未知の英雄を称えることによってそれを変えることを目指している。


日本の少子高齢化、人口の高齢化、ジェンダー平等の問題など、国内外の見出しが多く見られるが、慈善団体の厚木魚は、チャンピオン・オブ・チェンジ・ジャパン賞を輩出している。


ボストンに本拠を置くフィッシュファミリー財団と東京のパブリックリソース財団がスポンサーを務め、政府や非営利団体から独立した努力をして、食糧、避難所、情緒的支援などの基本的な必需品を不必要な人に提供することにより、


「日本では、すばらしい女性たちが(社会に)貢献しているが、彼らはよく知られておらず、彼らの仕事はまだ評価されていない」と、魚71さんは共同通信とのインタビューで語った。 「地域社会と社会のために草の根レベルで静かに、勤勉に働いている女性たちを尊敬したい」


1970年代に日本からアメリカに移住した魚は、米国と日本の女性に力を与えるために、2013年にアジア系アメリカ人と太平洋諸島の女性の部でホワイトハウスからチャンピオンオブチェンジ賞を受賞しました。日本版のこの賞は、彼女の最新の努力であり、受賞したことに対する感謝の気持ちを表しています。


フィッシュファミリー財団の理事、フィッシュ氏は、「授賞式を受賞した後、日本で女性ができることについてかなりの時間をかけて考えていた」と語った。


日本で草の根の社会変化を遂げる女性を表彰する新しい賞 photo


日本女性リーダーシップ・イニシアティブ、執行訓練プログラム、2011年東日本大震災後の救援活動、家庭内暴力行為への貢献などの企業を通じて、日本では「社会の仕組みとその仕組みを知る」ようになった変化のために働いている女性について学び、会った。


フィッシュと岸本祥子(パブリックリソース財団理事長)は、政府や大手NGOが授与した賞やインセンティブとは異なる機会を作り出すために協力しました。彼らは、ビジネスや科学や環境の分野で働く女性からの唯一の焦点を移動させることを目指しています。


「世界を少しずつ変えようと努力している社会分野の女性たちの尊敬を表明するためにこの賞を授与し、これらの女性の平等な社会を通じた多様な社会の認識を促進したい」と岸本氏。


「それは本当に未知のヒーローを支援することです」と、日本女性リーダーシップ・イニシアチブのプログラムマネージャであるKozue Sawame氏は、この賞にも貢献しました。


優勝者は、彼女の組織やプロジェクトが時間のテストに耐え、未来のビジョンを示し、すでに地域社会に影響を与えていることを証明しなければなりませんでした。候補者は地元で知っているかもしれませんが、メディアや広範囲の人々が以前に認知したことがあってはなりません。


日本周辺のコミュニティセンターやNGOからの募集後、ベビーフード製造からアートを使ったプロジェクトまで、精神障害者のための社会的包摂手段として145の賞が受賞されました。 12月の授賞式では、審査員チームが優勝者と7人の準優勝者を選抜しました。


放棄や虐待の問題で家に暮らすことができない子どもや若者のための支援センターであるユズリハの創始者である高橋麻美は、2017年に最初の受賞者となりました。


日本で草の根の社会変化を遂げる女性を表彰する新しい賞 photo


高橋容疑者(44)は、放棄され虐待された子どもたちの家で9年間働き、10代あるいは20代前半の若者たちが直面する雇用、法的、社会的な問題を目の当たりにして、2013年にユズリハを設立した。


「家を出た後に困っている人たちがアドバイスやサポートに行くことができる場所が必要だと思ったので、彼らは彼らのトラウマを引き合いに出すことができる」と高橋は語った。


厚生労働省の調査によると、2016年に日本の相談センターで累計で122,578件の児童虐待が行われ、2017年の同様の調査では45,000人以上の子どもが世話をしていることが明らかになった。


「子供たちは日本の未来であり、日本の人口は減少しているので、子供たちを残すことはできません。誰かが助けなければなりません。 「だからこそ私たちは高橋がやっていることが本当に重要だと思ったのです」


高橋さんは、授賞式の演説で、「社会福祉と社会福祉のための努力は、人々があなたに来て「あなたの助けが必要です」と言うことを意味します。社会を変えて世界を変えるために彼らと一緒に働くことができるよう、私たちに来てくれた若者のおかげです。


高橋さんは、100万円(およそ1万ドル)の賞金とティファニー・アンド・クリスタルボウルを受賞した後、家庭内虐待に耐え忍んだ母親への支援の欠如など、ユズリハでの仕事で直面した問題に取り組むことを希望している信頼できる保護者が未成年者として性的虐待を受けた若い女性などが含まれます。


「犠牲者が自分の状況を説明し解決策を見つけ出すことを手助けして、搾取的な黒人の会社やセックス業界で働くことのないようにしたいと思っている」(高橋氏) 。 "私は本当にこの賞を通じ、この種のケアとサポートの必要性が認識されることを嬉しく思います。"


日本で草の根の社会変化を遂げる女性を表彰する新しい賞 photo


彼女はまた、家庭内虐待の問題について学ぶことができる教育セミナーやチュートリアルを開催したいと考えています。


賞金獲得者の中には、高齢者のケアのために資格のある学生看護師と学生看護師を配置する島根県のコミュニティナース社の代表取締役である矢田明子さんがいました。


東京都灯台「人身売買被害者センター」を創設した藤原志保子氏は、人身売買を防ぐ非営利団体で、畠山由紀奈代表取締役社長の竹村由紀奈社長季節産のベビーフードを作るために地元の農家と従事する滋賀県。


NPO法人亀岡人権ネットワーキングセンターの森恵美子会長は、虐待や貧困に苦しんでいる地元の子どもや若者、そして痴呆や障害を持つ人々の家族に、学校での就学支援や就職支援が認められました。


最初の1年を過ごした後、フィッシュは、アイディアを結びつけ、アイデアを共有する社会的な分野の女性のためのプラットフォームとして賞を継続したいとしている。また、直面している問題に希望と洞察を与えることができる女性を認め、支援する方法として現代日本社会では


「このような女性は人と社会を運んでいる」とフィッシュ氏は話す。 「この賞を通じて、他の人たちが自分たちができることを認識してくれることを願っています」



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com