Loading...

Jan 23, 2018

東京は第1弾弾道ミサイル避難訓練を実施



東北地方太平洋沖地震による津波の被害を受けた東京都心部の避難訓練が行われた。


東京の文京区にある地下鉄駅やアミューズメントパークで約350人が参加した。北朝鮮を飛行している最近の一連の北朝鮮ミサイルを受けて、日本全土で同様の訓練が行われている。


政府のJ-Alert緊急告知システムが訓練のミサイル発射を通知した後、参加者は警察官の指導の下、地下鉄春日下駅などの地下施設に避難した。


文京区役所では、想像上のミサイルが頭上を飛ぶのを待っている間に、人々は手をかぶって頭を覆いました。


アミューズメントパーク東京ドームシティの観光客は、ミサイル発射発表後、乗り物の運転を中断し、建物内を移動するよう促した。



内閣官房相談員の末永裕之氏は、「演習では、ミサイルが発射されたときの対処方法について、都市部の人々が具体的なイメージを持つことを可能にした。


「ミサイルが突然発射され、関係官僚が事実上スムーズに、そして混乱なく実際に対応できるかどうかは明らかではない」と練習に参加した篠崎孝次郎(77)は述べた。 「ドリルは繰り返し行わなければならない」


一方、一部の市民は、このような訓練が無意味であり、戦争の機会を増やす可能性があると主張して、病院の近くで集会を開催した。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com