Loading...

Mar 17, 2018

ベトナムの研修生が福島で汚染除去作業を行った

ベトナムの研修生が福島で汚染除去作業を行った photo


外国人研修生のもとで日本に来たベトナム人が、福島県内で放射能除染作業に従事することを認められたが、外国人労働者支援団体が水曜日に聞いた。


移住者との連帯ネットワークで組織されたイベントでは、命名されなかった24歳の男性は、核兵器が存在する場所の近くでこの作業を行うことがわかっていれば、決して「日本に来ることはない」と言いました2011年に災害が発生しました。


ベトナム人は、岩手県盛岡市の建設会社が研修生として雇用されたが、翌日の福島第一原子力発電所でチェルノブイリが発生して以来、最悪の原発事故が起きた場所から浄化材を取り除いた2011年3月に日本東北地方で巨大地震と津波が発生しました。


1993年には、スキルを途上国に移転することを目的として、外国人労働者の訓練プログラムを導入した。しかし、農業や製造業に適用されるこの制度は、日本企業に安い労働を輸入するための措置を講じることを批判している。


ネットワークによると、ベトナム人は2015年9月に日本に到着し、彼の契約は「建設機械、解体、土木工事」に従事すると述べていただけだ。


2015年10月から2016年3月にかけて、福島県郡山市の道路や周辺住宅から地表の土壌を除去するように命じられた。


また、2016年の9月から12月にかけて川俣町の建物を解体し、避難命令を出した。


作業現場で放射線量を測定している人を見て疑いを持ち、日本の外国人労働者を支援する団体「Zentoitsu Workers Union」に連絡した後、仕事の性質を発見した。


また、外国人研修生として約15万円の月給だけでなく、環境省の基準として定められた6,600円の3分の1に満たない2万円(1日19ドル)の除染作業を受けた。


組合によれば、これは外国人研修生が汚染除去作業に関与した最初の事例である。


司法省の出入国管理局と厚生労働省は、浄化作業が訓練プログラムの目的に合わないとの声明を発表した。


「訓練の内容が計画と大きく異なる場合、違法になる可能性がある」と移民局は述べた。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com