Loading...

May 13, 2018

エヴァンゲリオンの主人公が命名した名前の塊を備えたクラムスープ

松江、日本 - テレビアニメーションシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公と同じ名前の島根県西部の湖畔の味噌汁がソーシャルネットワーキングサービスで注目を集めている。


松江市の宍道湖からの季節の貝を50g使っており、パッケージには湖の前に立つエヴァンゲリオンの主人公「いかり」のイラストが描かれている。


エヴァンゲリオンの主人公が命名した名前の塊を備えたクラムスープ photo

(バックグラウンドで「シンジ湖のしじみスープ」とシンジ湖のパケット)


410円(3.7ドル)で販売されている「宍道湖スープ」は、島根県美術館で生産され、7月9日からオンラインでエヴァンゲリオンシリーズの特別展に出品中です。


4月下旬に発売されたスープの販売開始直後、SNSを介して注目を集め、当初の計画から生産を倍増させました。


博物館の関係者は、「松江にはスープを買う人がいる」と話した。


1995年に始まったエヴァンゲリオンシリーズは、サイボーグの十代のパイロットがエイリアンと戦っている。


==協同

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com