Loading...

Oct 6, 2017

電通が違法勤務時間に罰金を科すよう命令

電通が違法勤務時間に罰金を科すよう命令 photo


裁判所は、日本の大手広告会社電通(電通)に対し、労働慣行違反で50万円(4,400米ドル)を支払うよう命令し、労働時間が過ぎたために新たな人員を自殺させた。


電通では「長時間の労働時間が違法になっていた」と菊池徹氏は言う。東京サマリー裁判所の判決は、2015年12月24日の高橋祭りの死を招いたことを見逃していないことを見落とすことはできません。


彼女が電通に入社したわずか数カ月前の高橋さんの自殺は、多くの日本人労働者が耐え忍ぶ厳しい労働条件について全国的な議論を呼び起こし、政府の労働条件改善の取り組みに大きな影響を与えました。


労働基準監督署が状況を改善する命令を出したとしても、仕事量の削減や従業員数の増加など、徹底した施策を実施していないとの判決が出された。


電通では、「支払いなしの時間外労働もまた横行していた」との判決が加えられた。


山本俊博社長は記者会見で、「私たちの責任の深刻さを痛感し、判決を深め、謝罪する」と述べた。


高橋さんの母親雪見さんは記者団に対し、「私は電通を信頼していない」と述べ、労働条件を改善するための措置を講じた。 "私は社会全体が監視し続けることを願っています"と同社は述べています。


彼女はまた、従業員が死亡したときの罰則を強化する法律の変更を希望していると述べた。


判決によると、2015年10月から12月までの間に、高橋ら3人は労使協約で許容される月間50時間の制限時間より3時間30分19時間23分以上働いた。


電通が違法勤務時間に罰金を科すよう命令 photo


深刻な違反行為を処理する東京労働局の特別捜査部が調査した場合、3人の電通の役員とその支店の職員3人が検察官に紹介された。


検察はその後、起訴を延期し、代理人を会社として訴え、企業慣行に関連していると主張し、個々の経営幹部が重大な責任を負うことはできないと述べた。


しかし、裁判所は、簡素化された刑事訴訟で公開裁判が行われずに出された要約書は不十分であり、代わりにオープンセッションで電通に挑戦することに決めたと述べた。


昨年9月、地元の労働基準監督署は、高橋さんの自殺を「カロシ」の事件、あるいは過労死であると認めたが、うつ病の症状を示す前に1ヶ月間に105時間の労働時間を過ごしたと判断した。


彼女は2015年にクリスマスに東京の会社の寮から彼女の死に飛びついた。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com