Loading...

Apr 9, 2018

日本のベトナム人研修生は、

外国人研修生のもとで日本で働いているベトナム人男性は、男性とその支援グループによると、結婚するために休暇をとることを求めた後、帰国を余儀なくされた。


名前を挙げないとした27歳の男性は、2月6日にBoso推進協同組合のスタッフが2月6日にアパートに来てから1年も経たないうちに、横浜のシーフード加工会社で働いていた持ち物。


(男は3月にベトナムのヴィンで共同通信に話す)


4人のスタッフが午前5時ごろに到着し、彼が「あまりにも多くのリクエストをした」と彼に語ったとき、彼は最近、ベトナム中部のヴィンで共同通信に語った。彼らは書類を提出するために彼を地元の区役所に運転し、ベトナムに戻って飛行機に乗せました。


「私の心は空白になり、体が震え始めた。何もできなかった。


男の婚約者が協同組合に抗議したとき、そこのベトナムの翻訳者は、有給休暇を求めることは研修生の「不平等」な行動であるとメッセージングアプリを通じて彼女に語った。


日本政府は1993年に外国人労働者のためのプログラムを開始し、他国に技術スキルを渡すことを目指している。しかし、この制度は、企業に安価な労働を輸入するという批判を批判している。


このプログラムへの参加を監督していた協同組合とシーフード加工会社は、両氏が支援グループ「ゼントゥイツ労働組合」と交渉していたことを理由にコメントしなかった。


研修生の養成を専門とする弁護士の指宿祥一氏には、それに構造的な問題があると語った。


「訓練生は日本への旅行に多額のローンを取ることが多い。監督機関や雇用企業はすべての力を持っており、従順な関係を奴隷に近いものにしている」


指揮は、このような事件は、侵入や入国、拉致、誘拐などの犯罪となる可能性があると付け加えた。



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿