Loading...

Oct 28, 2017

安倍氏は、企業に育児支援を拡大するための費用の一部を負担するよう求める



安倍晋三首相は、与党が選挙区内に養護施設を増築し、自由化するという約束を実現するために、育児支援の拡大に必要な資金の一部を負担するよう声明した。


安倍晋三官房長官は、「産業界に約3,000億円(26億ドル)の寄付を求める」と述べた。


経団連として知られている日本最大級のビジネスロビー会長である榊原貞之氏は、3,000億円の応募を受け入れたことを記者団に「適切なレベルの協力をすべきだ」と述べた。


総額は2兆円の政策パッケージの一部となるだろう。安倍氏は、人的資源を育成するための幅広い提案を行っている。彼はパッケージを作成する意向を再確認した。


最近の下院選挙運動では、安倍晋三首相が2019年に消費税を引き上げるなど、政府債務の償還をめぐる収入の一部を流用して、育児や就学前教育への支出を増やす計画を有権者が承認した。


増税から8%から10%への収入のうち、約1.7兆円が就学前教育と保育サービスを無料にするために使用されることが期待されている。


政府は企業に雇用者負担として肩代わりするように求め、残りの3,000億円を確保する計画だ。安倍氏が保健所に入所するために待機リストを削除することを目指していることから、保育園の数を増やすためには、


「賃金の上昇と同様に、育児環境の改善は社会から要求されているものだ」と茂木俊光経済財政相は記者団に対し、ビジネス界からの協力を希望したと語った。


安倍政権は、企業が現金を預けて、賃金や設備投資にもっと払うよう奨励する努力を強化している。


木曜日、安倍氏は来年春の賃金交渉で3%の給与増を実現するよう企業に呼びかけ、5年連続でそのような要請を行った。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com