Loading...

Feb 28, 2018

子供たちが選んだ東京2020のマスコット、ゲームに似ているデザインのロゴ



日本は、2020年の東京オリンピックとパラリンピックのマスコットとして、ロゴに似た未来的なチェッカーデザインのキャラクターを選び、オリンピックで子供たちが最終的に選択したと発表した。


日本全国の小学校の教室にはそれぞれ1票が与えられ、12月11日から2月22日の間に、3つの選手組の16,769校の投票用紙に205,755の教室がありました。


"これは未来的だが、日本の伝統をも表している"と、設計票を投じた12歳の河合美由氏。 「その色と形は統一感をもたらし、その位置や国籍に関係なく人々を巻き込むオリンピックやパラリンピックに適している」




福岡県の谷口亮さん(43歳)が、109,041票を獲得した勝利組を制作した。オリンピックのマスコットはダークブルーとホワイト、パラリンピックはピンクとホワイトです。


彼らの名前は、コピーライターや他の専門家によって決定され、7月または8月に発表されます。


東京都品川区のある学校で約560人の子供たちが出席する式典で、勝者が発表された後、谷口氏は「私の心は完全に空白になり、すぐに私の最愛の妻に知らせなければならない」と話した。


「オリンピックでは、初めてマスコットを選ぶ試みが大成功だった」と組織委員会の武藤俊郎最高経営責任者(CEO)は投票率70%以上を賞賛した。全米におよそ21,000の小学校が参加する資格があった。


森喜朗委員長は、「2年半かかるので、これらのマスコットを使って日本と東京オリンピックを推進したい」と歓迎した。



子供たちが関わるマスコット選定プロセスが導入され、子供たちはゲームについて熱狂し、選択プロセスの透明性も保証されました。最初に選ばれた公式のゲームのロゴは盗作の主張に会ってから廃棄されました。


一般から提出された約2,042のデザインから選ばれた他の2組の候補者も、伝統的な日本文化の要素を組み込んだ。


1組はオリンピックのキャラクターと、神社で頻繁に見られるキツネと、日本では幸運を招くと考えられていた猫と、神社に設置された石造りのガーディアンドッグを模したパラリンピックのマスコットで構成されています。


もう1組は、オリンピックのための古典的な日本のカンマ型のビーズデザインと、パラリンピックのために日本の画像に頻繁に出現するアライグマの犬であるキツネです。




@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com