Loading...

Nov 7, 2017

死刑判決を受けた日本の「黒未亡人」連鎖殺人犯



日本の「黒人未亡人」と呼ばれる連続殺人犯が、夫と二人の常用同意者の殺人事件、知り合いの殺人未遂について2007年から2013年の間に死刑判決を受けた。


地方裁判所は、4人の訴訟で嘉治子子(70)がシアン化物を使用し、裁判に立候補できると判断し、精神科検査で認知症と診断されたにもかかわらず、犯罪責任を負うことができると判断した。


中川彩子裁判長は、「金銭的な欲求に支えられた凶悪犯罪であり、痴呆などを十分に考慮したうえで死刑判決を避けることはできない」と述べた。


検察は、容疑者が痴呆に苦しんでいるとして責任を問うことができないと主張し、身体的証拠の欠如のために犯罪に罪を犯していないと弁護側弁護人が訴えている間、死刑を求めた。防衛の弁護士はすぐに判決を上訴した。


判決によると、カケヒ氏は75歳の夫である本田容疑者(75)と75歳の本田正憲(75)容疑者を殺害し、彼女の知り合いである末広俊明さん(79)をシアン化物を飲ませて殺そうとした。


中川氏は、カケヒ氏は繰り返し犯罪を犯したとして「人間の生活を明るくした」と指摘した。 「謝罪の言葉はほとんど出ていないが、彼女が本当に反映したとは言えない」と裁判官は付け加えた。


裁判所は、Kakehiが2013年12月に最後の犯罪を犯したときに痴呆に罹患しなかったことを強調した。


検察は、4つの事件のすべてにおいて、被害者は資産を継承しようとしていた借金に襲われたカケヒによって与えられたシアン化物を飲み込むことに騙されたと主張した。


検事は公証書の作成を含む犯罪を計画し、検察は犠牲者がシアン化物を健康飲料として提示するように騙したとして、彼女の行動を「鋭敏で卑劣な」と呼んだと言った。


しかし弁護側の弁護士は、彼女の痴呆が進行し、彼女が裁判で自分自身を守るという意味を理解することができなかったことに留意して、Kakehiは責任を負うことができないと語った。


犠牲者のすべてが法廷解剖を通過したわけではないので、被告人の一部は病気や異なる薬や毒の使用によって死亡した可能性があると主張した。


最初の公聴会で、Kakehiは彼女が弁護士にすべてを残すと言いましたが、彼女の発言は一貫性がなく、かつて訴訟中に殺人を認めたことを認めました。


2014年11月に夫の功を殺害したことで逮捕される前に、彼女は犠牲者と一緒に暮らす唯一の人だったので、「私は疑わしいから決してしないだろう」と殺害した。彼女の起訴の数日前に、彼女は彼を殺害すると告白した。


結婚してから約1ヶ月後には、京都府むこにある夫婦の自宅で死去した。彼女は後に、大阪府のホンダと兵庫県のヒロキの死亡に関連して起訴された。


彼女は24歳で最初に結婚し、彼女の最初の夫と大阪府で布地印刷会社を立ち上げました。しかし、1994年頃に死亡した後、工場は破産し、彼女の家はオークションに出席し、隣人に貸し付けを依頼した。


Kakehiは後に、婚姻サービスに登録しました。具体的には、年間収入が1000万円($ 87,900)以上の裕福な人に会うように求めました。彼女は結婚した、または10人以上の男性と関係していて、約10億円を継承していたが、株式や先物取引で推測しようとした結果、


この裁判は、市民裁判官が関わる日本の裁判制度の下で行われた。 6月にオープンして以来、その種類の中で2番目に長いものであり、135日間に症例の検査に費やされました。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿