Loading...

Sep 13, 2017

ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う

ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


東京の原宿地区にある店が、ペット愛好家向けにトリオの小さな爪を導入することで、最も独創的なカフェを作り出すという日本の決意は、


日本が38年ぶりに野生のオッターを発見してから数週間後、Harry原宿テラスが開かれ、動物の気分に応じて、動物に触れたり、動物を触ったりすることができます。


「カワウソが目の前で知られるようになった後、多くの人々がカワウソが好きになりました。また、水族館で見ることに興味を持った人もいました」



3頭の若い小爪に加えて、12頭のチンチラと50頭のヘッジホッグがあります。訪問者は指示を受けてから動物とやりとりし、スタッフから助けを得ることができます。顧客はチンチラやヘッジホッグを購入することができますが、収穫は売り物ではありません。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


小規模なカメは、国際自然保護連合(UNFCCC)の脆弱性とされ、国境を越えた貿易は、絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引に関する条約(CITES)の下で制限されています。斎藤によれば、カフェの全国的な収穫は日本で合法的に飼育され購入されています。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


斎藤氏は、このカフェは日本人と外国人の間で人気があり、半数の顧客が海外から来ていると指摘した。



「この数多くの外国人が収穫に興味を持ってくれるとは思っていませんでしたが、水俣には普遍的な魅力があります。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


カフェには1頭のオスと2頭のカメがいます。彼らが興奮して人を噛むようになると、カフェスタッフは気分をチェックし、動物を抱きつけたり触ったりするのを助けます。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


ヘッジホッグは、多くの顧客の間で人気があり、それらを購入して同じ日に家に持ち帰ることができます。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


サイチョウによると、カフェで最も人気のあるチンチラは、ふわふわの毛皮を維持するために砂浴を取る必要があります。彼らはカフェの砂地に保管されています。


ギャラリー:Ottersは東京カフェを嵐で奪う photo


カフェは毎日午前11時から午後7時まで営業しています。入場料は4歳未満の子供は無料、大人は30分の訪問のために1,500円を請求します。お客様は動物のスナックを別途お支払いいただいておりますが、予約された1時間パッケージに含まれています。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com