Loading...

Dec 14, 2017

日本は公道で1回目の自家用車テストを実施


ナゴヤ - 木曜日、公道で遠隔操作する無人運転車の日本初テストが、愛知県でトヨタ自動車などの自動車会社の本拠地で行われた。


午前10時ごろから中部中央から実施されたテストでは、運転手のないミニバンがコタの町の道路を走っていた。以前は長さ700メートルの道路と交通標識が途中で暗記されていました。


機内カメラとレーダーで車両と歩行者の道を監視することで、ミニバンはレポーターとカメラマンが集まった交差点で短時間停止した後、1時間当たり15キロ以下のルートを継続しました。


試験チームの一員は、テストコースの近くのコタコミュニティホールからミニバンを遠隔操作し、車載カメラが送信した映像を監視し、助手席の助手が緊急時に車を停止させた。



愛知県大村秀樹さんは、「ハンドルが非常に順調に回転していたので、近い将来の技術を体験しているような気がした」と試乗した。


都道府県は、愛知県の自動車産業企業による自律走行車の開発を推進し、3月までに名古屋などでより多くの試験を計画している。将来的には、技術開発によってドライバーレスのタクシーが導入されることが予想されます。


東京では、スタートアップZMP社も木曜日に江東区の公道で運転手のない車のテストを行い、リモートコントロールされた車両は150mの速度で20km / hの速度で走行した。同社は12月23日に一般に公開されるもう1つのテストを行う予定だ。


警察庁が6月に交通規則を改正した後、公共道路の運転手のない車のテストが可能になった。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿