Loading...

Dec 28, 2017

日本のセブン - イレブン店舗で英語表示食品販売開始

日本のセブン - イレブン店舗で英語表示食品販売開始 photo


日本最大級のコンビニエンスストアチェーン運営会社であるセブン - イレブン・ジャパンは、新年からおねがいおにぎりなどの商品名を日本語と英語の商品名で販売しています。


セブン - イレブン日本の古谷一紀社長は、20日の東京オリンピックとパラリンピックを機に、急増している外国人観光客からの要請に応えている、との声明を発表した。


古谷氏は、外国人観光客が日本のセブン - イレブンの店舗を訪れることで、米国、中国、および中国のブランド力が強化されることを期待していると語った。東南アジアでは店舗が増えています。


同社によると、大都市や人気観光地では、店舗で商品を購入する外国人観光客が増えている。


彼らの中には、特におにぎり用の英語名を提供するように会社に求めている人もいます。近年、日本のコンビニエンスストアで販売されているおにぎりには、新鮮なサケや焼きそばなどの伝統的な詰め物に加えて、多くの新しい品種があります。


1月に日本で2万人を突破する予定のセブン - イレブン店舗では、2ヶ国語のラベリングが予定されており、弁当箱、惣菜、お菓子などもカバーしています。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com