Loading...

Dec 7, 2017

警察は女性被告が大阪裁判所でブラジャーを着用するのを防ぐ:弁護士



大阪支局の弁護士団が地元警察の判決に抗議し、刑事被告が刑事裁判でブラジャーを着用し、人権侵害だとしたことを明らかにした。


大阪弁護士会は、10月31日に提出された嘆願書で、大阪府警察署の施設で拘束された40代女性が、大阪で初めての聴聞会でブラジャーを着用することを認められなかった7月に地方裁判所に到着し、彼女は彼女の上にカーディガンを着用させた。


弁護団のグループは、拒否が「女性の恥を深刻に傷つける」ため、警察に状況を改善するための措置を取るよう促した。


大阪警察当局者は、地元の警察拘禁施設で被害者がブラジャーを着用することは許されていないと述べたが、被告は通常、要請に応じて裁判所で身に着けることが許されている。


7月の事件に関しては、大阪警察の拘禁当局者は、「被告人からのこのような要請を知らない」と述べた。


法務省が運営する大阪拘置所では、原則として拘留者が無線式のブラジャーを着用できるようになっている。


警察と省庁が管理する2種類の拘置施設を統制する刑事拘置施設法と受刑者および被拘留者の処遇に関する法律は、勾留の管理と運営にリスクがない場合には、施設が妨げられることになる。



©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿