Loading...

Sep 19, 2017

北朝鮮のミサイル実験後の函館に設置された抗菌バッテリー

北朝鮮のミサイル実験後の函館に設置された抗菌バッテリー photo


北朝鮮が最近発射した弾道ミサイルの飛行経路の近くで、北海道本島の主要都市である函館に火曜日に抗菌性のバッテリーを配備した。


電池は、約70キロメートル離れた航空自衛隊の基地から地下の自衛隊に移された。明らかに、迎撃砲の数十キロメートルしかカバーしていなかったからだ。


パトリオットアドバンストケーパビリティ-3と呼ばれる地上 - 航空迎撃機は、日本の海上標準ミサイル3ミサイルが宇宙空間で迎撃しなければ、弾道ミサイルが地表に到達する前に弾道ミサイルを撃墜するように設計されている。


国防総省は、北朝鮮が米国のグアム領土に向かって弾道ミサイルを発射すると脅した後、8月に西日本の広島と他の3つの県にPAC-3電池を移動させた。


代わりに、北朝鮮は8月29日と先週金曜日に北海道に弾道ミサイルを発射した。彼らは、北海道から1,000〜2,000km離れた太平洋に上陸する前に、函館が位置する大島半島を飛行した。


「北朝鮮は、将来、私たちの国を再び飛び回る弾道ミサイルを発射するかもしれない」と、小野寺一之国防相が火曜日に記者団に語った。 「緊急事態に備えるために、人々の安全を守るためにあらゆる努力をしたいと考えています。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com