Loading...

Oct 15, 2017

LGBTグループ、教育者は学校制服の多様性を求めている


FUKUOKA - LGBTのグループと教育者は、日本の中学校や高校の性的少数派の学生が快適に着用できる制服を自由に選ぶことができるようにする必要性を強調した。


日本のほぼすべての学校では、男子生徒のための黒人ジャケット、少年のためのパンツとネクタイを着たブレザー、セーラースーツ、プリーツスカート、女の子のリボンなど、バイラルのジャケットの着用を厳密に要求しています。


選択肢の欠如は、女性の身体的特徴を有するが、男性として識別する、またはその逆をする生徒にとって、不快で恐らく外傷的な状況を引き起こす。


福岡レインボー教育ネットワークの責任者、石崎杏里さんは、日本南西部の都市で開催されたシンポジウムで、学生からの懸念を正確に受け取ったという話を聞いた。


「学校の制服は、すべての学生にとって、ズボンとスカート、リボンとネクタイの間で選択できるブレザーで構成することができる」と、女性の特徴で生まれたが、男性または女性として明確に識別されない33歳の女性を提案した。


4月からの今年度の福岡女子商業高校では、性別に関わらず、スカートとズボンのどちらかを選ぶことができました。 「(ユニフォーム)は生徒に学校に出られないように注意している」と柴田春夫教授がシンポジウムで説明した。


このイベントは、福岡弁護士会の弁護士団が手配し、約180人が参加しました。


佐賀大学法学部教授の哲学である吉岡武彦によれば、LGBTの学生はよりユニフォームの選択肢から恩恵を受ける唯一の人ではないだろう。


「男性性」や「女性性」という考えに慣れなくてはいけないと感じるのは難しいです。彼らが好きなように自由に服を着れば、学校に行くのが楽になる学生がたくさんいる」と吉岡は語った。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿