Loading...

Apr 15, 2018

クマモトは2周年の復興を誓う



地元住民は、熊本県で震災が発生してから2年後の復興努力を強化するため、土曜日に約束を更新し、250人以上の死者と3万5000人以上の遺体が残された。


日本の九州南西部では、2016年4月14日にマグニチュード6.5の地震が発生し、2日後にはM7.3の地震が発生し、19,000人以上が避難しました。


熊本県で開かれた記念式典では、犠牲者の家族を代表する松野良子氏は、「隣人、友人、親戚、姉妹の強いつながりを背景に、今までは地域社会の一員として生きていた」と述べ、官庁。


松野さん(61)は、4月16日の地震で84歳の母親と家を失いました。災害から生き残った父親は、去年の7月、86歳で亡くなりました。


(松野良子)


「2回目の記念式典に際して、私たちは前向きに歩いていくことを報告したいと思っています。また、若い世代には活力が熊本の未来を創り出す大きな希望を持っています。


熊本知事は、できるだけ早く地震の被災地を復興させる努力を進めていくことを約束した。


「熊本を再生して次世代に引き渡すことが私たちの使命です」と鐘島は記念式典で述べました。


午前10時に熊本市の雨の朝に記念のサイレンが鳴り響いたとき、地元住民などは犠牲者を記念して黙っていました。


熊本市や大分県の間接原因による死亡など267人が死亡したほか、約43,000戸の家屋が壊滅した。およそ38,000人がまだ移住している。


熊本県の災害被災者向け公営住宅約1,735戸の建設は1月に始まりましたが、2020年3月まではすべての新築住宅が完成するまで待たなければなりません。


(それから:2016年5月(L)と2018年4月に描かれた熊本城)


2年分の仮設住宅契約が間もなく終了すると予想されるため、地方自治体は住民に対する他の措置を講ずる必要がある。


宮崎さくらさん(39)は、心臓病のため入院していた4歳の娘カリンを失った。


「昨日だけ地震が起きたような気がしますが、悲しい顔を見せずに毎日生きようとしています」と宮崎は儀式で涙を流して言った。


鹿島氏をはじめ、岡野木八郎、石井慶一国土交通省災害管理大臣など319人が県庁主催の式典に出席し、沈黙の瞬間



@京堂

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿