Loading...

Oct 5, 2017

NHK女性記者の過労による2013年死亡者:放送者



NHKの女性記者31歳の死亡者は、翌年、労働基準監督官が過労によると判断したと発表した。


地元の労働基準監督署は、2014年5月、東京の放送局に所属する佐渡三輪が、鬱血性心不全の結果として死亡する前の1ヶ月間でわずか2日間で159時間の労働時間を過ごしたと結論付けた2013年7月


安倍晋三首相は、2015年に日本の広告大手電通(電通)の新入社員の自殺を理由に、労働時間を伸ばして労働条件を改善しようとしている。


首都圏を担当する記者として、東京都議会選挙と参院選を2013年6月から7月にかけて行った。衆議院選挙の3日後、7月24日に亡くなった。


NHKは、個人的な声明とタイムカードを通じて勤務時間を追跡しているが、改善が必要な分野があることを認めている。


佐渡は2005年に放送局に加入し、鹿児島県の局で働き始めた。彼女は2010年7月に東京に移り、2年間東京都をカバーしていました。


NHKの報道関係者である山内雅彦氏は、この事件は個人的な問題ではなく、「労働制度や選挙の方法など、全体としての問題だ」と述べた。


山内容疑者は、このような事件が再発しないようにするために、3年以上の期間を要した理由について、放送局は家族の希望を考慮していると述べた。


「今日も、4年後、娘の死を受け入れることはできない」と佐渡の両親はNHKのコメントで語った。 「遺族の悲しみが決して無駄にならないことを願っている」


2015年4月の電通社員高橋祭りの自殺と2016年9月の労働基準監督官による過労により引き起こされたとの結論は、国の厳しい労働条件に関する全国的な議論を巻き起こした。


電通はまた、労働慣行違反の裁判で、10月6日に東京の裁判所から判決が下されることになっている。


©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com