Loading...

May 3, 2018

逃げた囚人はコテージの屋根裏部屋に隠れて大規模なマントを逃した

広島県の島で、3週間以上にわたり警察が大量の暴行事件を逃れ、釈放された被爆者が休暇屋敷の屋根裏部屋に隠れていたことが明らかになった。


平尾龍太(27)は先月、愛媛県今治市の最低警備刑務所から逃亡し、月曜日に広島に逮捕され、総人員は15,500人にのぼった。


平尾氏は、尾道市の一部であるムカシシマ島の空き家に隠し、広島と愛媛の警察の捜索を狙った警察の捜査を逃れたという。


彼は警察が屋根裏部屋を点検しなかったので気づかずに行った、と情報筋によると。山間の島には1,000以上の空き家があります。


警視庁は平尾氏の遺言で、刑務所警備員に強姦されたと言われた休暇用の家でメモを見つけた。平尾容疑者は逮捕された後、刑務所で「関係を嫌になった」後に脱出したと警察に伝えたという。


(逃亡者、平野竜也は広島の南区の警察に月曜日に逮捕された)

[近くの住民の写真提供]


平尾さんは、逃げ出しに関連して、火曜日に検事に送られた。


報道関係者によると、平安は警察に、ムカシシマから本州の本島まで泳ぎ、自転車を盗んで西に向かい、広島行きの電車に乗ったと語った。


ムカシシマの警察のチェックポイントではセキュリティは厳しいものの、2つの島間の最も狭い地点は200メートルしかないので、他の海岸に泳ぐことが可能であると指摘した者もいます。この地域では現在の潮流が強いが、4月24日から翌日の早朝にかけて弱体化しているという。



ヒラオ氏は、松山刑務所の大井造船所(愛媛県今治市の珍しい刑務所施設)から4月8日に逃げ出し、盗難などの犯罪で2020年1月まで勤務していた。


彼は、ムカシシマの北部の空いている家やコテージに滞在し、建物に残った食べ物を食べている疑いがある。この地域には、水と電気を流す多数のバケーションホームがあります。


(平尾は休暇の家の屋根裏部屋に隠れていた。)


月曜日、平野は広島の南区のインターネットカフェに、写真を持たない別の人の身分証明書を使って入室し、約3時間滞在した。


インターネットカフェの従業員は、彼が支払って放置した後、警察を摘発した。彼は逃げ出し、道に沿って小学校の壁を登って逃げようとしたが、警察官が地面に向かって激しく激闘した。


神川陽子法務部長官は、地元住民などの心配事を東京で記者会見し、公衆に謝罪した。


彼女は水曜日から2日間、ムーシシマと他の関連サイトを訪れる予定です。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com