Loading...

May 1, 2018

MD(ミドリ)ペーパーノート

最近書店を訪れた時、彼らは固定セクションを再設計し、すべての固定製品から20%の特別な週末の販売をしました。私もクオカードを持っていたので、私は定期的に使っているいくつかのアイテムを買い取り、聞いたことがある商品に気を取られることにしました。 1つの推奨製品は、MDまたはMidoriブランドのノートブックシリーズです。




私は定期的な「空チョコ」の子供の空白の手帳を使って絵を描いていましたが、水彩絵画を使っていましたが、それだけではありません。紙が薄すぎるので、すばやく水を吸収してゆがんでしまいます。 100円の店だけでなく、スケッチブックのアップグレードが本当に必要でした。私はB5サイズのSketchbook(Maruman社がローカルに作ったもの)を手に入れました。それは、スパイラルバインドなので好きです。シートは厚く、水彩紙のような質感がありますが、小売価格はわずか250円です。


みどりブランドのコットンペーパーはとても素敵で柔らかいので、A5サイズの空白のノートブック(900円小売り)を1枚手に入れて、水彩画を描いてみる必要がありました。それにはリボンブックマークが付いていて、他のノートブック。

私はまた、A6サイズの3つのグリッドペーパーノートを1パック持っています。新しいノートブックの準備ができたら、どこでもそのサイズを持ち、弾丸ジャーナルとして使用するのは簡単です。



カバーはカードストックから作られているので、ほとんどのノートブックほど頑丈ではありません。同社はまた、このような理由からノートブックカバーを販売している。私は久留米の香りを持っているので、自分の本をノートにすることにしました。


MD紙は日本製で、慣れていたものよりやや高いです。私はその品質は価値があると思うし、輸入されるハイエンドのノートブックよりもまだ安いです。私はそれを使用し始めることに興奮し、うまくいけば、それは私が使用している格安紙よりも水彩に適しているでしょう。




上に描かれた小冊子の使い方は、店頭で利用可能であり、異なるサイズのノートにある空白、裏地、グリッドシートを含む製品ラインを示しています。

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com