Loading...

Dec 22, 2017

北朝鮮の脅威の中で、2018年度に日本の国防予算が新たに高値を付けた



政府は金曜日に、新たなミサイル防衛システムと北朝鮮の脅威が増大する中、新しい巡航ミサイルを導入することを目指して、総額5.19兆円(460億ドル)の2018年度の防衛予算案を承認した。


安倍晋三首相は、北朝鮮の懸念の中で国防能力を強化した米政府の閣僚の下で、米軍基地に関連する費用を含めて、予算案の年率は1.3%上昇し、4年連続で過去最高を記録した韓国だけでなく、中国の海洋主張も強調している。


スタンダードミサイル3迎撃装置を装備したイージス駆逐艦とパトリオット高度能力3を搭載した既存のミサイル防御に加えて、米国で開発された陸上イージスミサイル防衛システムの導入に備えるため、約7億3,000万円が別途用意された地上に配備された迎撃器。


(海上自衛隊)


また、日本と米国が共同開発したSM-3ブロック2Aと呼ばれる、より能力の高い迎撃ミサイルを取得するために、約440億円の予算を設定した。北朝鮮がテストしたように、同時に発射されたミサイルや高度に弾道をつけた軌道に備えて、日本の防衛指揮統制システムを改善するために約47億円も確保された。


新型イージス・アショアシステムなどのミサイル防衛関連案件の早急な購入を目指すため、金曜日に閣議決定された今年度の補助予算として622億円が関連費用として配分された。


国防総省によると、弾道ミサイル防衛の総支出は、2004年度に初めてシステムを構築して以来、契約ベースで2兆円を突破した。


政府はまた、最近発表された日本が現在持っているものよりもはるかに長い飛行巡航ミサイルを取得する計画をフォローアップし、約500キロメートルの範囲でノルウェーの合同打撃ミサイルを購入するために21億6000万円を確保した。


また、ロッキード・マーティン(Lockheed Martin Corp.)の「空対面独立型迎撃ミサイル」と「長距離弾頭ミサイル」の導入については、3000万円を費やすことにした。


北朝鮮のミサイル発射機などの標的に到達する可能性のあるミサイルは、戦闘機から射撃されると潜在的に可能性があり、戦争放棄憲法は国防軍を制限している。


また、船体の小型化を図りながら多様な使命を遂行できる3,900トンの新型機を2機建設し、922億円の購入費用を投入する計画。また、潜水艦の建設に約697億円が計上された。


宮古島と奄美大島に駐留する陸上自衛隊の兵舎などの施設建設には約553億円が配分され、南西の遠く離れた島々の防衛を強化しようとしている中国の海洋主張が高まっている中で、


両島は中国が東洋海の尖閣諸島から遠く離れていないので、中国はそれを釣魚島と呼んでいる。中国政府の船は、島々の周りに繰り返し日本海に入り、緊張を巻き起こしている。


政府はさらに、F-35Aステルス戦闘機6台分を785億円、V-22オスプレイスを4機増やして393億円を計上した。陸上自衛隊のために



将来の技術への投資として、高速滑空爆弾の研究に46億円、侵略された遠隔島を奪還するための長距離武器、反船舶の研究のための54億円ミサイルも島防衛の目的で使用されている。


米軍基地の労働者、公益施​​設などの費用を対象としたいわゆるホスト国家支援は、2018年度に1.1%増の1968億円となった。


米国のドナルド・トランプ大統領が大統領選挙で米国の安全保障支援に十分な金額を支払っていないと述べたことから、コストは注目された。


日本の米軍再編費用は、沖縄南部島嶼部の米海兵隊基地普天間基地の移転に伴う資金拠出を含む、前年度比7.5%増の2億1,61億円となった。


米国防総省は、2018年の中期防衛5カ年計画の最終年であることから、計画の主要調達の大半は最新の予算によって達成されると述べたが、海上自衛隊多目的ヘリコプターの調達に成功した。




©KYODO


By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿