Loading...

Mar 26, 2018

スーツェングライトアップコンサートとランタンフェスティバル



今年末には、川のほとりにあり、JR久留米駅から500メートルのところにある大きな神社の1つが少し入場しました(入場無料)。博多の大きなトゥモーフェスティバルと同様に、神社は砂とティーライトを入れた紙袋で作られた灯籠で飾る。それはハロウィーンの感情を持っています(しかし、おかしなことではありません)、ランタンは私たちの街のマスコット、 Kuruppaのようなかわいいデザインを作るように設定されています。




去年は博多に行ってきましたが、雨が降っていて、多くの場所がキャンセルされました。私たち自身の街では、それはただの神社ですが、敷地は灯篭と竹製の芸術で覆われています。川岸でさえ、いくつかのランタンアートが設定されています。近くの小学校と幼稚園の生徒たちは、その袋の中に絵を描きました。


3月24日に開催されたこの年のイベントには、「 マルケッ 」の市場、そして夕方のコンサートがありました。私たちは、昼間の灯篭と神社を簡単に見て、一時的に太鼓の演奏を見て、再び暗闇の中で灯篭を見るために歩いて行った。




太鼓は子供のグループ、そして驚くべき博多の徳楽のグループによって行われました。彼らは明らかに太鼓を学んだ兄弟姉妹ですが、メタルバンドのデュアルドラムソロに似た独自の西洋スタイルで演奏します。その夜、他のいくつかのグループが演奏しましたが、私たちは滞在しませんでした。




Kurume.co.jp/suitengu

By helloalissa
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿