Loading...

Jan 4, 2018

政治における女性の低い表現に対処するための計画法案

政治における女性の低い表現に対処するための計画法案 photo


多党議員らは、今年、政界で日本の女性の割合が低いことに対処するための法案を国会に提出すると発表した。


しかし、この法案は、政党に国民選挙と地方選挙の候補者と同じ数の男性と女性を「努力する」よう求め、違反者には不利益を与えない。


同法案に取り組んでいる政治家の中には、男女平等のための大臣を務める与党自民党の野田誠子総務大臣と野党民主党の下院議員である中川政治がある。


与野党は昨年度も同様の法案を昨年度の国会に提出し、統一する方針を固めたが、安倍晋三首相に対するクロニズムの疑惑が議会の中心的な立場に置かれた後、下院の解散後、法案は廃棄された。


ジュネーブに拠点を置く国会議員団体である国会議員連合によると、昨年10月の選挙前には、女性は日本の下院議員のわずか9.3%に過ぎず、193カ国の165位となった。


この比率は選挙後にわずか10.1%に上昇したが、リーダーシップを持つ人々の中で女性の割合として日本政府が目指す30%にはほど遠い。政府は2020年までに目標を達成しようとしていると述べた。


10月の選挙運動では、多くの政党が政治における女性の数を増やすことを約束した。


しかし、選挙で自民党候補として332人のうち、わずか25人(7.5%)が女性だった。その割合は主要政党の中で最も低い。


選挙で全候補者のうち女性が占める割合は17.7%だったのに対し、野党の憲法勢力では24.4%だった。


日本の地域組合では、女性の代表は同じくらい低いです。


2016年に内務省がまとめた統計によると、都道府県議会議員の10%、市議会議会議員15%、町村議会議員の10%が女性であった。


日本の町村組合の32%に女性がいなかった。


駒沢大学の小山玲子教授は、拘束力のない法案について、政党に女性候補を増やすことを要求する方がより簡単になることを肯定的な「第一歩」としていると述べた。


中澤美恵子(早稲田大学国際公共政策教授)は、「旧来の価値観を持つ高官の人形ではなく、候補者として女性の利益を代表する女性」を選ぶことを投票者が要求すべきだと述べた。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com