Loading...

Sep 27, 2017

福島原子力発電所での使用済燃料除去が3年遅れ

福島第一原子力発電所の政府と運営者は、火曜日に、2基の原子炉を収容している原子炉建屋から使用済み燃料を取り除く作業の開始を、2023年度まで3年遅らせることを決めた。


東京電力ホールディングスが運営する破損した原子炉を廃棄するためのロードマップの改訂版では、40年間の作業期間が維持されていた。この文書が改訂されたのは4回目であり、世界で最悪の核災害の余波が残っていることを示しています。


Tepcoの幹部退役責任者の増田直宏氏は、部分的な遅れの影響を打ち消し、記者会見で「重要なのは、廃炉全体を最適化することだ」と述べた。


「全面的に戻っていく計画ではない」と彼は語った。


福島工場を主宰する双葉町と大隈町の高官らは、遅れて失望感を表明したが、慎重に進める必要性を認識した。


高松市の副市長である金田勇氏は、「復興の前提条件は、廃止の進展であり、遅れが残念だ」と述べている。


しかし、福島工場での作業は、「他の国が行ったことがない」というものであり、「ただ急いで言うだけではない」と述べた。


オカマ渡辺市長は、「安全が最優先であれば、遅れを取ることはできない」と付け加えた。


遅くとも2051年頃に第1号機から第4号機を撤去する過程を概説し、福島の危機が管理されたと政府が宣言した後、2011年12月に復旧道路地図が最初に作られました。


2011年3月に発生した巨大地震と津波を契機とした福島の危機では、当時稼動していた1号〜3号機の原子炉はすべて崩壊し、1号機、3号機、4号機の原子炉建屋は水素爆発。


定期メンテナンスのための事故発生時にオフラインであった第4号機は、すべての燃料を使用済み燃料プールに貯蔵していた。その燃料集合体はすでに崩壊した建物から取り除かれ、2014年後半に完成した。


火曜日に政府が承認したロードマップの最新版では、2020年度の代わりに2023年度から1号機と2号機の使用済み燃料プールから燃料を抽出する予定である。政府は新しい技術問題とその必要性スケジュールの変更につながる安全上の注意を払う。


第1号機と第2号機の使用済燃料除去のスケジュールが延期されたのは3回目です。


3号機については、2018年中期に使用済み燃料を取り除く予定は、今年初めに既に取り戻された後も変わらない。


使用済燃料プール内の燃料を除去することは、TepcoがNo.1〜3の原子炉を燃料補給するという最も困難な作業に移る前のプロセスの重要なステップの1つです。


道路地図は、2021年を破片の抽出が始まる年として保持しています。しかし、3つの原子炉のうちの1つから溶けた燃料残骸を取り除く具体的なアプローチを決定する期限は、2018年度の前半計画から2019年度に延期された。


ロボットを用いて損傷した原子炉の内部状態を確認する試みがなされている。今年7月に第3号機の底面に核燃料が溶けそうな画像を撮影したロボットが撮影された。


現在、政府によって実現可能であると考えられるデブリ除去方法は、3つの不器用な原子炉の一部に水を部分的に充填することによってその側面にアクセスすることを含む。


ロードマップによると、現在の200トンから2020年に約150トンになるコンビナートでの水の汚染の毎日のペースを遅らせるための措置も取られる。


現在、原子炉建屋に地下水が浸透しており、損傷した原子炉を冷却する過程で放射性となった水と混合するため、有毒な水が工場で発生しています。


有毒な水は放射性物質を除去するプロセスを受け、プラントに設置された大規模なタンクに保管されます。規制当局は、水が海に流出するよう求めているが、除去することは困難な放射性トリチウムを水が含んでいるため、地元民、特に漁師の間で議論が行われている。


ロードマップには、処理されたがトリチウムで汚染された水の処分の具体的なスケジュールは言及されておらず、「(地域の)評判の損害などの社会的側面」を考慮して考慮されると述べている。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿