Loading...

Mar 15, 2018

日本の液体ベビー処方の事実上の禁止が夏に解除されるかもしれない

政府は夏に液体ベビーフォーミュラの生産と販売を事実上禁止する方針を明らかにした。保健省は月曜日に製品の安全規則案を発表した。


液体製剤は便宜のために海外で広く使用されていますが、政府の安全基準がないため、日本ではそのような製品の製造と販売が認められていません。温水に溶解する必要がある粉体処方が一般に代わりに使用される。


(写真提供:沢田邦彦)


しかし、熊本県南西部に強い地震が発生した2016年の日本では、自然災害時の利便性を重視した液状化基準の策定が議論され始めた。


その時、フィンランドは緊急援助として式を無料で提供した。液体ベビーフォーミュラのメリットは、水不足の場合でも使用できることです。


厚生労働省は、月曜日の食品衛生問題に関するパネル会議で、日本乳業協会の調査に基づいて策定された基準案を提示した。


(写真提供)


この研究では、粉体処方で使用された同様の成分で作られた液状処方は、紙の中で滅菌状態で保存することによって最大1年間、安全に消費され、25℃の温度で容器ができることが確認された。


液体の色は褐色に変色したが、味および栄養に関して異常は検出されなかった。


草案の基準は、内閣府の食品安全委員会でさらに議論される予定である。政府は早ければ夏に関連する省令を改正する可能性が高い。


保健当局関係者によると、試行期間が前日の妥当性を確認するために予定されているため、実際の製品が市場に出るまで数年かかるだろう。


日本乳業協会によると、大手乳業メーカーの中には液体調合に関心を示しており、省令が改正されると製品開発に着手する可能性が高い。


@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com