Loading...

Nov 26, 2017

沖縄のアメリカの学校に日本の生徒を受け入れるよう求める



政府は、沖縄の日本人学生に、米軍基地に所在するアメリカの学校に英語のスキルを向上させ、大学のための準備を整えるよう配属する考えを検討中だという。


沖縄の若者の失業率が比較的高く、中央軍と地方の間の冷静な長期的緊張が島嶼内の米軍基地の移転に向けて改善されることを期待している。


沖縄県沖縄県警は、沖縄県沖縄県警との間で、米軍の最高指揮官であるローレンス・ニコルソン中佐と別々に協力してもらうことを河野太郎外務大臣が2日間の沖縄旅で発表する。沖縄の軍隊。


沖縄の米軍教育制度に学生を統合する考えは、沖縄の米軍基地をさらに確保し、移動させることがさらに難しくなるとの懸念を島民から受けている。


沖縄は、日本の軍事施設の大部分を占めており、兵士や基地人員の犯行や軍用機の事故が多くの住民を怒らせている。


沖縄の失業率、特に若者の失業率は、他の多くの都道府県に比べて相対的に高い。 20〜24歳の失業率は、県の4.2%を上回る2016年度の8%を突破した。


米国務省によると、沖縄で米軍によって管理されている2つの高校があり、他のほとんどの施設には兵士や軍人の子どものための小中学校がある。


現在、日本の子供たちは、空席がある場合にはアメリカの学校で勉強することが認められていますが、受け入れられることはほとんどありません。



©KYODO

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com