Loading...

Sep 20, 2017

学校に戻る

私は最後に大学生だったので、10年近く経っていますが、昨日、私は新しい学校の入り口の前に立っていました。



私は博士号を取って私の旅を始めるために学校に入った。国際大学の候補者。聞いたことがない?あなたがアメリカ人であれ、あるいはコモンウェルス諸国の一人であれば、おそらくそうではありません。おそらく、それは英語でしか指導しない日本の大学院であることに驚いているでしょう。この比較的小規模な学校では、合計57の国が代表されていることに驚くかもしれません。私が博士号を探していたとき。プログラム、私は確かにあった。


それでも、私にとってIUJの魅力の一部は、これが信じられないほど多様なキャンパスであるという事実でした。昨日の私のオリエンテーションで、私はザンビアのピアと隣の台湾の隣に座っていました。私が他の席に座っていたら、それは私の隣にある2つの国の学生でした。私は、この種の学習環境を提供する単一のプログラムをアメリカでは考えていません(ハワイのEast-West Centerは近づいていますが)。エキサイティングなことですが、私は私の仲間から学ぶことを楽しみにしています。


1日しか過ぎず、まだオリエンテーションの真っ只中ですが、私は興奮しています。私はこれらの新鮮な顔のすべてに囲まれて老いていると感じますが、私は興奮しています。

By genkidesuka
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿