Loading...

May 23, 2018

日本のアルピニスト、栗木信子が8番目の山を登って死ぬ。エベレスト



KATHMANDU - 有名な日本のアルピニスト、栗木信子が月曜日に山頂に登場した8回目の死去。エベレスト、関係者は言った。


観光庁のギャネンドラ・シュレスタ(Gyanendra Shrestha)は、標高6,400メートルの山のキャンプII近くの朝、敷地内のベースキャンプで死亡した。


栗木の探検隊を組織したカトマンズのボッチ・ボッチ・トレックのティカ・ラム・グルング氏は、栗木は滑り死んで7,400メートルから降下していると語った。


「栗木さんの遺体をベースキャンプに運び、ヘリコプターでカトマンズに送るという公務員の許可を待っている。


北海道最北端の島で生まれた栗木は、6大陸の最高峰を登り、世界の7つの首脳全域を拡大したクライマーのエリートクラブに入るのには不足しています。


彼は9つの指を失って凍傷を試みた。エベレストは2012年に彼の4回目の試みを行いました。


2015年に、彼は壊滅的な地震がネパールで約9,000人を殺し、山岳地帯の探検を止めた直後、秋の登山シーズンにピークを拡大しようと再び試みました。


当時、ネパールは観光にとって安全だというメッセージを伝えようとしていたという。


栗木は登山許可証を持って346人の登山家の中にいました。今シーズンはネパール側からのエベレスト。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com