Loading...

Jan 11, 2018

WWF、日本に2020年までに国内象牙市場を閉鎖するよう促す

保護団体WWFは木曜日、日本が2020年までに象牙の違法貿易を廃止しようとする国際的な努力を損なうと主張し、


米国、中国などの国々は、絶滅のおそれのあるアフリカゾウを守るために国内市場を閉鎖しようとしているが、国内取引は密猟とは無関係であると主張している。


日本環境省は、WWFからの書面による要請を受けて、警察や習慣と協力して象牙の密輸を防止する措置を強化する意向を示したが、国内市場の閉鎖の要請に対する回答は明確ではなかった、WWFによると、


(WWFジャパン)


WWFは、2011年から2016年の間に、2.4トン以上の象牙が日本から中国に不法に輸出されたと述べた。


WWFは、象牙業者が政府に登録するように要求することで、昨年、同国の保全法を改正して市場の管理を強化する一方、WWFは象牙に関する緊急問題を解決しないと述べた。


WWFは、2020年に東京オリンピックやパラリンピックに先駆けて日本への観光客数が増加すると同時に、象牙の違法輸出を懸念して、日本政府にもオンライン象牙取引の禁止を要請した。


(WWFジャパン)


絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)は、2016年に象の大量虐殺に直面して国内の象牙市場を閉鎖するよう全加盟国に求める決議を採択した。


CITESの当事者である日本は、その後、国際規則が発効し、関連する事業が適切に管理される前に、より厳しい規則を課したが、象牙市場が輸入されたと主張して象牙市場を開放した。



©KYODO



By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com