Loading...

Apr 25, 2018

東京移民は、虫垂炎を患っているトルコ人が医者に会うことを妨げた



東京都の移民局は、トルコの拘留者が急性腹痛を患ったにもかかわらず、一日近く医師に診てもらえないようにしたが、その後、虫垂炎や腹膜炎と診断された。


医師は、腹膜炎がさらに敗血症に進行し、収容所の職員が医学的決定を下すと警告した場合、男性が死ぬ可能性があると述べた。


29歳の男性は昨年6月3日に症状が現れ、医療援助を依頼されたが、東京入国管理局の職員は彼を別の部屋に連れて行き、自分の状態を「監視」した。


男は翌日早朝に部屋の壁を叩きつけたが、当局者は彼の弁護士や他の支持者によると、彼は大丈夫と言って立ち止まるように彼に言った。


彼が部屋に戻った後、彼は午前9時30頃に他の3人の受刑者と分かち合い、ルームメイトは彼の異常な状態に気づき、職員に医師に会わせるように要請した。彼はその後、東京の病院に運ばれ、緊急手術を受けた。


入国管理局の外務次官である緒方茂雄氏は、「医療状況の急激な変化に備えるための予防策として、病状を監視している」と述べた。


また、痛みが持続しているが、最初の要求をしてから約1ヶ月後、7月24日まで再び医師の診察を受けなかったため、手術後に医者に診察を依頼した。彼はそれ以来回復している。


この施設の関係者は、7月21日から痛みを経験したことを伝えている弁護士が、医師を欺いてしまった可能性のあるデータの改ざんを弁護士に訴えているという、7月24日の医療検査の報告書をまとめた。


男性は2016年11月に施設で拘束された。回復後、彼は昨年秋に暫定的にリリースされた。


横浜市南都留医療センターの山村俊平医師は、「医療関係者でなければ入国管理官が病状を監視する方法はない」とし、このケースを「非常に危険かつ悪意のある」としている。


昨年3月、茨城県牛久市の移民センターのベトナム人がくも膜下出血で死亡した。彼の支持者は、センターの役人が急性の頭痛の重大な主張を真剣に受け止めず、時間通りに医者を見ることができなかった可能性があると述べた。


移民施設を監督する司法省は当時の当局者の反応に問題がないとの事件に関する報告書をまとめた。


駒井智弁護士は、「このような話を頻繁に聞くのは非常に残念だ」と述べ、入国管理官が適切な治療を受けられなかった疑いを抱かせる状況で拘留者が死亡した一連の事件があると指摘した。


同省は移民収容所の検査専門家を設置しているが、そのメンバーと会議の記録は明らかにされていない。



@京堂

By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com