Loading...

Nov 20, 2017

漁獲量が不十分でサケが増え、買い物シーズンよりも早い時期



北海道では漁獲量が乏しく、年末商戦が始まると家計に影響を及ぼす可能性があるため、サーモンやシュリーの価格は急激に上昇している。


全国的な秋のサケ漁獲量の70〜80%を占める北海道では、今年の11月10日までの漁獲量は30%以上減少し、鮭の漁業管理部門国の最北端の県です。


秋の鮭の卸売物価は、東京の築地市場で11月9日から週1キロ当たり1,080円(9.6ドル)で、前年比で約50%上昇した。


北海道大学では、昨年から観測された秋のサーモンの漁獲量が、数年前には多くのフライが海水温の下で生き残れなかったことが原因とみられている。


札幌中央卸売市場では、鮭の穀物価格も上昇し、平均卸売価格は前年同月から10月に1キロ当たり7,485円に1.5倍近く拡大した。


北海道では、最近、インキュベーション施設で鮭の腹部からサケエが盗まれた一連の事件が発生した。


さらに、漁師は、日本の秋には特に細いが太った魚を食べるために、秋の稚魚の漁獲量が苦労している。


魚類の全国漁獲量は10月31日現在で45,756トンで、漁獲量は10万トンを下回った1976年以来の低水準になるとの見通しを示した。築地の卸売価格は、築地で前年同月から約30%上昇した。


漁業局は、海水温度の変化が移動ルートを迂回させた可能性があり、結果的に秋の漁獲量が低下すると述べた。


大手の魚介類メーカー丸ハニチロは、来年1月からサーモンを30円、砂糖を40〜80円高め、缶詰の価格を引き上げる方針だ。



©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿