Loading...

Dec 26, 2017

15歳の拘束後、体重19kgの日本人女性が死亡した:警察



小泉純一郎容疑者(33)の死後、逮捕された男性と女性は、暴力行為を起こして精神的な病気を訴えたため、約15年間、小さな部屋に閉じ込められたと告白した。


警察は、剖検では、大阪府の寝屋川家から身体が回収された柿本氏が凍って死亡し、栄養失調の状態にあり、体重がわずか19キログラムで145歳高さはセンチメートル。


彼女の55歳の父親、柿本康孝さんと53歳の母親、柿本ゆかりさんが土曜日に警察に死亡したと報告し、身体を不法に処分した最初の罪で逮捕されました。


女性は12月18日頃に死亡したと考えられている。


警察は、夫婦が16歳から17歳の間に約3平方メートルの部屋に彼女を持っていたことを捜査当局に認めた後、拘禁などの罪状を捜査している。


両親は、最近、彼らは娘を一日一回しか食べていなかったと警察に伝えた。


警視庁によると、カキモトスは自宅を改装して、外部からのロック解除が可能な二重ドアと監視カメラを備えた小さな部屋を追加した。


暖房のない部屋の中には、脇に置かれたタンクから女性が水を飲むことができるように設計された恒湿のトイレとチューブがありました。



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com


City-Cost's 最新の投稿