Loading...

Dec 31, 2017

オンラインで農場を共有することにより京都のコミュニティが集まる

オンラインで農場を共有することにより京都のコミュニティが集まる photo


京都 - 日本企業は、デモンストレーション農場が勢いを増し、京都の地元住民が集まる場所として、インターネットを介して農業に参加するための簡単な方法を開発しました。


不動産・建設会社の東レ建設(Togay Construction Co.)は、農業を共有するモデルを発表しました。参加者はオンラインでサインアップして温室で簡単な作業を行うことができます。


同社はいくつかの機関と提携し、政府からの資金提供を受けて9月に6ヶ月の実証実験を開始した。


「農業は難しいので、農業を始めたいと思うだけで農業を始めるのは難しい」と東レ建設のプロジェクトを担当している北川康孝は、最近の共同通信とのインタビューで語った。 「人々が作業負荷を分かち合い、いつ農場に来るかを決めるシステムを考えればどうだろう」と思った。


「そういう制度があれば、農業に興味を持っている人がもっとやりたいことをする機会を得ることができる」と北川は語った。


システムは簡単です。興味のある人は、年齢や性別などの基本情報を入力してオンラインで登録し、日にちと2時間の仕事を選択してください。


約100人の「サポーター」がオンラインで登録されており、毎日約4人の参加者が集まり、シードや収穫などの簡単な仕事をしています。彼らは仕事に払われることはありませんが、農場で収穫された作物を家に持ち帰ることができます。


オンラインで農場を共有することにより京都のコミュニティが集まる photo


日本の京都府京都府精華にある先進通信研究所の所有物である「Torefarm」と呼ばれる温室は、革新的な紆余曲折があります。それは、現場での物理的な作業負荷を最小限に抑えることによって、女性や高齢者の農業を容易にします。


温室に並べられたテーブルのようなプラットフォーム上に散らばっている砂の上に、ホウレンソウやシラントロの葉などの野菜が生えます。参加者は立位で働くことができ、まったく屈む必要はありません。


砂の中のセンサーとチューブにより、事業者はインターネットクラウドサービスを通じて農場の状況に関する情報を収集することができます。東レ建設関係者はいつでもどこでもスマートフォンやコンピュータから水と液体の肥料を提供することができます。


「80%がいっぱいになるまで食べる」という日本の教えがある」と北川氏。 「これは仕事にも、特に長老にも当てはまると思うが、あまりにも激しく働くと、このシステムは人々が農業を楽しむことを余儀なくさせることなく過ごすことができ、負担になるだろう」


デモンストレーションは盛んで、参加者の約30%は60歳以上です。口コミで広がり、地元住民が新しい人に会う場となっています。


地元の主婦、大谷麻衣(43)は、彼女の関与が彼女の自由な時間に楽しみにしていると語った。


「毎日開催されているので、私は休み時間に2時間働いていて、2時間働くことができて本当に感謝している」と12月に3度目の実験に参加した大谷氏は語った。 「いつでも私たちはいつでも辞めることができますので、いつでも歓迎され、来るのは簡単です」


大谷さんは自宅でも食事のメリットを見ています。


「たまには、私が家庭で食べていない野菜を中国のホウレンソウのように家に持ち帰ることがあるので、テーブルにはもっと皿があり、新鮮でおいしいですがレシピも出てくるのはエキサイティングですそれだけで。


64歳の奥野勤は、彼の経験の中で最も重要なのは、彼が人々と交流することだという。


「ここで働くのは明らかに簡単で、身体的にも厳しいものではありません。 「しかし、それ以上のことです。いつも話すことができて本当に面白いです」


今年の初めに、東レ建設が率いるコンソーシアムは、「IoTサービス創造プロジェクト」の一環として、総務省から約3800万円(335,000ドル)を受け取った。


同省のウェブサイトによると、政府のプロジェクトでは、「物のインターネット」(IoT)の普及と高度な参照モデルの作成のために、解決すべき課題を提起する必要がある。


オンラインで農場を共有することにより京都のコミュニティが集まる photo


資金提供を受けて、東レ・コンストラクションは東京近くの千葉県でもう一つの実証実験を行っている。しかし、北川氏は、「共有」システムが根絶するためにはまだ改善の余地があると述べている。


北川は、高齢者に対処するために、収入を生み出すモデルを作り、農場を老人のための雇用機会にしたいと考えています。


「社会の高齢化が進む中、高齢者にも働く必要があると思う」と北川氏は語った。しかし、これまでのように働くことは難しいため、必要な資格は少なくても、仕事を始めなければならず、農業にも参加してほしい」


そのために、北川は、現在作られている日本のマスタードホウレンソウや白菜に比べて市場価値の高い野菜を生産することの重要性を強調しています。


「価値の高いものを作れば、サポーターがゆっくり働いてもお金を稼ぐことができる」と北川氏。 「同時に、Torefarmのコストを引き下げて、多くの人々が操業を開始できるようにしたい」


北川は、「共有」モデルが地域協力を通じた農業の新たな地歩を切り開くことを望んでいる。


「農業を通じてお金を稼ぎたい人にとっては、「共有」モデルはうまくいかないと思う」と北川氏は語った。 「地域住民の協力を得て借りたい人のためのものです」



©KYODO



By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com