Loading...

Oct 10, 2017

日本は第4回GPS改良準天頂衛星を発表

日本は第4回GPS改良準天頂衛星を発表 photo


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、スマートフォンや車両ナビゲーションシステムを含む広範なアプリケーションのための地球測位データの精度を向上させる新しいシステムの構築を目指して、4番目と最後の準天頂衛星を軌道に乗せることに成功した。


この衛星は、以前に打ち上げられた3つのMichibiki衛星と米国の衛星ネットワークと連携し、2018年度からより正確な地球測位システムサービスを提供する予定です。


ミシビキ4号機を搭載したH-2Aロケットは、鹿児島県種子島宇宙センターから午前7時ごろに持ち上げられた。


アップグレードされたGPSサービスは、自律走行車に使用されるとともに、農場機械がより正確な位置データを使用できるようになることが期待されている。


政府は、2023年度に軌道上の衛星数を7機に増やして、日本のGPSシステムを構築することを目指し、これまで日本が完全に頼ってきた米国のネットワークとは独立した運営を可能にした。


©KYODO

By KyodoNewsPlus
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com