Loading...

Sep 23, 2017

東京の認知症レストラン「忘れられない」体験



ハンバーガーを注文し、代わりに餃子を食べることを想像してみてください。または、ウェイトレスによってあなたの席に護衛されて、自分で注文する必要がなくなります。そのようなミックスアップは、顧客に困惑させたり、悩ませたりする可能性があります。


しかし、この東京のポップアップレストランでは、誰もが認知症を抱えているウェイターやウェイトレスには、顧客の祝福が間違っています。悩みや暴言の代わりに、サーバーは笑顔と笑い声で挨拶されます。


「秩序ミスのレストラン」は、痴呆の認知度を高め、その状態に関する認識を変えることを目的とした、日本のテレビディレクター、小国史郎の発案です。


ポップアップは、6月に最初に開かれ、9月16日から3日間2度目の実行をした。


人口の急速な高齢化と痴呆患者の増加に伴い、問題に直面する主導的役割を担う日本にとっては、当然のようです。


オグニ氏は、レストランの背後にある考え方は、人々がその状態についてより多くを学び、それを反映することだと語った。彼は仕事のために研究を始めるまで、彼は痴呆についてほとんど知りませんでした。


「おかしい、気持ちが悪く、危険であるというイメージ以上に、ダイナーからよく聞かれる言葉は、「かわいい」「面白い」「一緒にいて楽しい」「快適」というポジティブなイメージです。最近のインタビューで述べた。


彼は、「認知症は非常に重大な問題ですが」、そのような肯定的なコメントを聞いて安心しています。


認知症は、記憶喪失および神経細胞の損傷によって引き起こされる判断の障害を含む、脳に影響を与える幅広いカテゴリーの症状を指す。状態の進行を遅らせることは可能であるが、根本原因に対処するための治癒または確立された治療法は知られていない。最も一般的なタイプの痴呆はアルツハイマー病である。


老齢人口が最も多いと考えられる中で、日本政府や民間企業は、認知症の人々に医療と介護を提供するためのコストが高騰することに対処するための努力を強化している。


また、認知症のある高齢者の運転手の交通事故を防止するための対策を講じており、行方不明の人を見守っている。


政府の統計によると、65歳以上の痴呆患者の数は、2012年の約4,662万人から2025年には700万人に増加すると予測されています。


河野洋子さん(78)、丸山秀子さん(82)は、9月16日の男性・女性ウェイター17人とウェイトレス17人のうち、


丸山さんは、午前11時に開店したレストランでの休憩時間中、彼女がその朝にやったウェイトレスを忘れていたようだが、もう一度召し上がれると熱望していた。


彼女の「同僚」に反論し、彼女の仕事について尋ねられたとき、笑顔はすべて笑っていた。 2人の女性は、顧客としてレストランに来たいと言いました。


レストランで働くボランティアは、高齢者のための介護を提供するダイキエンジェルヘルプ株式会社が運営する施設からのものです。


オグニ氏は、9月21日の世界アルツハイマー病の日に合わせて、毎年レストランをオープンできることを期待していると付け加えた。


9月の3日間の実行は、クラウドファンディングによって回収された約1290万円(約115,000ドル)のおかげで可能になった。


約300人が来て、主に群衆募りのキャンペーンを手伝ってくれた人たちが毎日売り切れました。




日本の本「沢山のお店のレストラン」というタイトルの演劇という名前のレストランは、介護施設でハンバーガーの代わりに餃子を提供されたオグニの経験からインスパイアされました。


話を述べると、彼は間違いを指摘しようとしていたが、自分自身を止め、「これは認知症の人々が住んでいる世界だ。それは大したことではない。間違いをしても構わない」


このプロジェクトは日本だけでなく、韓国やオーストラリアなどの国々でも注目されています。オグニ氏は、関心事にうんざりしていたが、主催者は、他の場所でイニシアチブを再現するために学んだことを共有することを熱望していると語った。


同氏は、このようなレストランを組織することは、レストラン、インテリアデザイン、社会福祉セクターなどの専門家の助けを必要とする「単純ではない」と強調した。


また、レストランがその機能を果たし、食べ物やその他の詳細についてのコーナーを削っていないことも彼にとって重要でした。


藤見秀行は大阪市から西日本で食事のために旅をし、食べ物とサービスに満足していました。


"私は、スタッフのおもてなしと彼らが取ったケアを感じることができた"と、富士見さん(35歳)は言いました。東京近くの埼玉市出身の35歳の友人の武藤直哉氏は、この雰囲気を「喜び」と表現し、レストラン事業が続くことを期待している。


要点は、サーバーが注文を忘れているということではありませんが、ウェイトレスが食事を取る前に食事をテーブルに護衛したときのように、予期しない笑いが生じることがあります。またはサーバーが食卓にテーブルメイトの注文を取るように頼んだとき。


それ以外にも、肯定的な証拠はなく、痴呆を患っている人でも適切な状況下で仕事をすることができる、とオグニ氏は述べています。


早く発症したアルツハイマー病と診断された三川靖子(62)は、ピアノを演奏した。彼女は、ヨハン・セバスチャン・バッハの "Ave Maria"の演奏で、チェロを演奏する夫と一緒に食事を楽しんだ。彼女はまた、レストランが6月に最初にオープンしたときに遊んだ。


三河和夫さん(69)は、妻に、彼女の状態と診断された後にピアノを弾くのをやめた機会に感謝したと語った。 "それは彼女の自信を回復させた"と彼は言った。


ダイキエンジェルヘルプの和田幸夫氏は、三ヶ月にわたって三河の業績がどのくらい改善しているのか感銘を受けたことに感銘を受けました。


彼は、レストランプロジェクトは認知症の人々だけでなく、社会にどのように親切が根付くことができるかを考えるチャンスだと考えています。


「われわれは、認知症だけの人には親しみやすい町をつくるのではなく、みんながお互いに親切な社会をつくることができます。


1日の終わりに、サーバーは覚えていないかもしれません。しかし、楽しい交流と優しさで扱われることは、彼らとダイナーにとって失われません。



©KYODO


By City-Cost-News
source

City-Cost

City-Cost

日本の皆さんにも外国人の生活を知って貰いたい。シティコスト(英語版)の自動翻訳。オフィシャルサイトはこちら -> https://www.city-cost.com